スポンサードリンク

「Kyash」が出金可能になる一方で不便になることも‥‥

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「Kyash」が出金可能になる一方で不便になることも‥‥

「Kyash」資金移動業の登録が完了し残高の出金が可能になるということで待望の機能だと思ったのですが、一方で良いことばかりではなく、不便になることも出てくるようです。

スポンサードリンク

「Kyash」のヘルプで本人確認アカウントにおける残高の種類についてを見ると、2020年9月7日に実施されるアップデートにより、入金方法によって「決済や送金、出金にご利用できる残高」と「決済のみにご利用できる残高」に分かれます。

送金・出金が可能なのは、

・銀行口座/ペイジー

または、

・コンビニ/セブン銀行ATM

からの入金のみとなります。

これまではクレジットカードによる入金でも送金ができましたが、これが不可能になる、と。

クレジットカードの入金分が出金できてしまうのはクレジットカード枠の現金化になるので問題だと思いますが、送金もダメになってしまうのですね‥‥。

クレジットカードでサクッとチャージ(入金)して、送金できるのはとても便利だったのですが。

クレジットカードからのチャージでポイントが貯まるのは「Kyash」のメリットです。

まあ、銀行口座を登録しておいて送金すれば良いかと思ったのですが、こにもある制限が加わります。

本人確認アカウントにおける銀行口座からの入金、出金についてにありますが、銀行口座からの入金は「1回あたり2,000円以上かつ1円単位で入金が可能」となるのです。入金のための最低金額が設定されているのです。

送金せずに決済メインに使うのであればこれまでと同じ使い方ができますし、利用のほとんどは決済だったので大きな問題もなさそうなのです。

が、送金が手軽にできるというのも「Kyash」のメリットの一つだったと思うので、入金方法を意識するタイミングが出てくるのは、ちょっと面倒になるな、と思いました。

なお、出金する際の手数料は一律220円です。

「Kyash」資金移動業の登録が完了し残高の出金が可能に

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

家ニャンニャンの最適解!?娘娘のスタカレーを再現する「ピリ辛肉あんかけ飯の素」食べてみたら40年ぶりの味に再会した #提供

次へ

「iPad整備済製品」iPad・iPad Air【2020年8月29日】