スポンサードリンク

新しい「Kyash Card」が届いた!カード有効化&Apple Payに登録してみた

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

新しい「Kyash Card」が届いた!カード有効化&Apple Payに登録してみた

カード番号非掲載のシンプルなデザインに、ICチップを搭載しタッチ決済も可能な新しい「Kyash Card」が届きました。

早速、利用できるようにカード有効化(利用登録、アクティベーション)を行い、さらにQUICPay+で利用できるようApple Payにも登録しました。その方法を紹介します!

スポンサードリンク

新しい「Kyash Card」の特徴

「Kyash Card」はクレジットカードやコンビニから、あらかじめチャージして使用するプリペイド型のクレジットカードです。

新しい「Kyash Card」の特徴は以下の通りとなります。

・海外でも利用可能
・サインレス&タッチ決済に対応
・ポイント還元率1%
・1回あたりのご利用限度額 30万円
・1ヶ月あたりのご利用限度額 100万円
・発行手数料 900円

旧「Kyash Card」も残りますが「Kyash Card Lite」と名称変更しました。

・本人確認なしで申し込み可能
・ポイント還元率4/1から0.5%
・1回あたりのご利用限度額 5万円
・1ヶ月あたりのご利用限度額 12万円
・発行手数料 300円

発行手数料が900円とかかるものの、利用限度額が大きかったり、タッチ決済への対応(Apple PayでQUICPay+も利用できる)、海外でも利用できるなど、より普通のクレジットカードとして利用できるようになっています。

クレジットカードによる「Kyash Card」へのチャージによるポイント還元、さらに「Kyash Card」の利用によるポイント還元(1%)があるので、しばらくメインのカードとして利用してみようかな、と思っています。

「Kyash Card」の発行はアプリから申し込むことができます。まだの人はまずアプリをダウンロードしてください。

「Kyash Visaカード」Apple Payに設定可能 2

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

具体的な申込方法はタッチ決済可能なKyashの新しい「Kyash Card」を申し込む方法という記事を参考にして下さい。

届いた「Kyash Card」を開封する

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 1

カードのカラバリが3色(ネイビー、ピンク、シルバー)あり、今回はネイビーにしました。選んだカードの色に合わせているのか分かりませんんが、ネイビーの封筒で届きました。シンプルでかっこいいですね。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 2

封筒を開けると、これまた中身はシンプルです。大きく書かれたハッシュタグに「Kyash Card」本体とカードの有効化(利用登録、アクティベーション)するためのQRコードのみです。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 3

カード表面にはカード名とICチップ、非接触を示すアイコン、そしてVISAのロゴのみです。カード番号が非掲載だと、こんなにもシンプルになるのですね。ネイビーも落ち着いています。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 4

背面を見ると、クレジットカード番号、3桁のセキュリティ番号が記載されています。裏返して初めて、クレジットカード番号が分かるようになっています。

「Kyash Card」を有効化する手順

届いた「Kyash Card」を有効化(アクティベーション)していく手順を紹介します。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 5

届いたQRコードを撮影すると、アプリが開きます。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 6

「Kyash Card」の裏面に記載されている3桁のセキュリティ番号を入力します。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 7

新しい「Kyash Card」を有効化をすると、これまで利用していた古い「Kyash Card」の情報から変更されるため、既に登録しているネットショップなどがある場合は変更が必要です。残高はそのまま引き継がれます。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 8

これだけで「Kyash Card」の有効化は完了です。クレジットカードとして利用可能になりました!

「Kyash Card」をApple Payに登録する

続いて、Apple PayのQUICPay+でタッチ決済ができるように「Kyash Card」をApple Payに登録する手順を紹介します。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 9

アプリの画面に「Apple Payを設定」というのがあるので、それをタップします。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 10

続いて「設定を始める」をタップします。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 11

SMSで6桁の認証番号が届くので、それを入力します。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 12

名前とカード番号は自動で入力されているので「次へ」をタップします。「Kyash Card」がWalletで利用できるようになります。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 13

以上で「Kyash Card」のApple Pay Walletへの登録は完了です。これでQUICPay+対応店舗ではiPhoneをかざして決済することができます。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 14

Apple Payでの支払いの際に「Kyash Card」がメインのカードとなるよう設定します。

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 15

店頭での支払い時に「QUICPay(クイックペイ)で」と伝えて、iPhoneをかざしてタッチ決済しましょう!

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 16

Walletにも「Kyash Card」が登録されています!

「Kyash Card」カード有効化&Apple Pay 17

アプリのメイン画面もネイビーの「Kyash Card」になりました。

「Kyash Card」を使う理由

ポイント還元率が2%だった時代があり、その頃はメインで「Kyash Card」を利用していました。その後、LINE PayやPayPayがポイント高還元キャンペーンを実施したので、1年くらいはそちらを使っていました。

今でもたまに高還元キャンペーンはありますが、以前から比べるとかなり減りました。そうなってくると、普段遣いに1%ポイント還元の「Kyash Card」は魅力的に見えます。クレジットカードからチャージすればポイントの二重取りもできますし。

ちなみにチャージ方法はクレジットカードからだけでなく、コンビニなどからも可能です。特にセブンイレブンはセブンATMから簡単にチャージできます。

さらに新しい「Kyash Card」はタッチ決済やApple Payにも対応していますので、キャッシュレス決済も捗りそうです。海外で使えるようになったのもメリットです。

何よりこれだけ機能がアップしたプリペイドのクレジットカードに、アプリから手軽に申し込みができるというのもメリットだと思います。

なぜにプリペイド型のクレジットカードを好んで使っているかというと、自分でチャージした分だけを使うので、予算管理がしやすいというのがあります。残高が見えやすいのが好きなのです。

ということで、興味が出てきた人はぜひアプリをインストールして申し込みしてみてください! ネット決済で使うのにも便利だと思いますよ。何かあればアプリからすぐにカードロックできますし。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Googleロゴ「店舗 コロナ 応援」に

次へ

Apple、プロモーション動画の新作「Creativity goes on」公開