スポンサードリンク

「Kyash」2020年発行のKyash CardはVisaタッチ対応&カード番号非掲載に

[リンクにアフィリエイトを利用している場合があります]

スポンサードリンク

「Kyash」2020年発行のKyash CardはVisaタッチ対応&カード番号非掲載に

「Kyash」が2020年に非接触カード決済に対応する新しいKyash Cardを発行すると予告していましたが、詳細が明らかになっていました。

スポンサードリンク

Kyash」のウェブサイトにアクセスすると、新しいKyash Cardの概要が紹介されています。

まず、表面にカード番号が記載されません。カラーバリエーションは3色となります。ICチップを搭載し、Visaタッチ決済によるタッチ決済が可能です。

VISA加盟店であれば海外でも利用することができます。現行のKyash Cardは海外では利用できないので、れは便利になります。Kyashポイントは1%がリアルタイムに還元されます。

新しいKaysh Cardの登場により、現行リアルカードは「Kyash Card Lite」と名称が変更されます。

また新しいKaysh Cardは本人確認が必要となることで、1回あたりの決済上限が5万円から30万円に、月あたりの決済上限が12万円から100万円に、拡張されます。

新しいKaysh Cardの年会費は無料ですが、発行手数料は900円です。2020年初め頃の発行予定ということで、年明けにも何か動きがあるのでしょうか。

個人的にもスマホ決済がブームになる以前には、Kyashのリアルカードもよく利用していました。ポイント還元が目当てだったのですが。

この1年はスマホ決済のポイント還元合戦でKyashの使用頻度はかなり下がっていたのですが、そのポイント還元合戦が落ち着くと、どこでも利用できるVISAカードというのは、やはり便利なのではないかに、という気がします。海外で利用できるのは大きなメリットです。

ただ、PayPayにチャージ、LINE Payにチャージ、楽天ペイに楽天スーパーポイントが貯まって‥‥とやっていると、あちこちに財布を持っているような気持ちにもなるので、うまく統廃合できるよいな‥‥とも思っています。

あわせて読みたい

【Kyash】リアルカードの再発行

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【PayPay】ヤフーカードによるチャージでのポイント付与が廃止

次へ

コンパクトUSB加湿器が付録の「DIME 2020年2・3月号」を注文してみた