スポンサードリンク

Amazon、テレビに接続して使用する「Fire TV」のアクティブユーザー数が4,000万人突破と発表

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B0791YQWJJ

Amazonが、テレビにHDMI接続して使用するデバイス「Fire TV」のアクティブユーザー数が、全世界で4,000万人を突破したことを明らかにしたそうです。

スポンサードリンク

米アマゾン、「Fire TV」の全世界ユーザー数が4000万突破という記事になっていました。

米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は6日、動画ストリーミング用機器「Fire TV」のアクティブユーザー数が全世界で4000万人を突破したと明らかにした。

「Fire TV」はAmazonプライムビデオのほか、NetflixやDAZN、TVer、YouTube、Huluなどをテレビで視聴可能にするデバイスです。

自宅にテレビがあり、AmazonプライムビデオやNetflixと契約しているならば「Fire TV」をテレビに接続することで、それらを大画面で視聴することが可能になります。

スマホやタブレットで十分という人も少なくないでしょうが、複数人で動画視聴を楽しむなら、テレビに1台あると便利なデバイスです。

競合となる米Roku(ロク)(ROKU.O)は11月、同社の動画ストリーミング用機器のアクティブユーザー数は3230万人と発表

Rokuは日本に進出していないので詳細は分からないですが、割りとユーザー数は拮抗しているデバイスなのですね。

Roku - Wikipediaによると、2008年Netflix向けのセットトップボックスとして発表され、現在は「1000チャンネル以上のテレビ・ラジオが視聴できる」ということです。

名称のRokuは日本語の六に由来しているそう。

AmazonとしてもRokuを牽制する意味合いもあってアクティブユーザー数を発表しているのでしょうね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

背脂ニンニク豚骨醤油スープたっぷりキャベツ「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」発売へ(1/13)

次へ

モジュール形式でレンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」がそそる