iPod関連ニュース

ここではiPodに関連する情報を収集します。

Yahoo!オークションでゲットしたiPod(29,000円初期型)を活用すべく、関連する情報・ニュースを収集していきます。

iPodの何が良いって、やっぱり通勤タイムが潤うことですね。毎日往復で2時間は電車に乗っている訳ですが、何かが足りない、と。それはやっぱり、音楽である!と。バンドでギターとボーカルをやっていたMackieにとっては、やはり日常的に流れる音楽が必須であると思うに至り、iPodをゲットしました訳です。

USB 2.0に対応し、より薄くなった新型iPod

アップルは、かねてより噂のあった新型iPodを発表しました。ラインナップは10GB、15GB、30GBの3種類で、重さは10GB、15GBが158g、30GBが176gです。しかしあれですね、30GBですよ、30GB(笑) しかも旧モデルより薄くなっちゃって。

新iPodについてわかったいくつかの事柄

薄くするにあたり、PCとの接続がDock経由となりました。本体を薄くするために、Firewireから独自の形状に変更になったそうです。

第3世代iPodの特徴を写真でチェック!

「iPod Dock」は、15GBモデルと30GBモデルに付属(10GBモデルは別売。4800円)。「背面には、音声出力端子を備え、アンプやスピーカーなどを接続できる」そう。

アップルがWindows版iTunes提供へ

さらにアップルは、iPodのWindows版だけでなく、iTunesのWindows版も開発する意向のようです。アップルの求人情報によると「iTunesのWindows版の設計・構築者」を求めているそうです。確かに、マーケットはWindowsの方がはるかに大きいですから、各レコード会社との契約の中に、Windows版も開発するということが盛り込まれているのかもしれません。

米Apple、オンラインミュージックストアを開設

アップルはiPodの発表と同時に、1曲99セントでiTunesから楽曲を購入することができる「iTunes Music Store」も開始しました。とかく専用アプリケーションというのは好まれない傾向にあると思うのですが、iTunesはプリインストールされているだけでなく、iPod利用者は間違いなく使っているでしょうし、更に“良い”アプリケーションでもあります。99セントだったら、思わず買いますね。うまいことやります。ただしこのサービスは「料金支払いに使うクレジットカードの請求書送付先が米国のユーザーのみに限られる」ということで、日本からの利用はできません。

アップルのiTunes Music Store、日本での展開は未定

気になるのは日本での利用です。iPhotoのネットワークプリント機能が未だ日本では使えないという“前科”があるだけに(個人的に非常に期待していたのもあります)、iTunes Music Storeが日本ではいつ開設されるのか、それ以前開設することができるのか、そういった疑問が頭をよぎれます。