「iPhone」あなたのホーム画面を見せてください

「iPhone」のホーム画面。それはアプリへの最短距離。ホームボタンを1クリックするだけで、戻れる場所。

200905150946.jpg

ふと思ったのですが、重要なアプリをホーム画面に置いている人が多いはず。もしかすると、Apple純正でまとめている、とかあるかもしれませんが、それもまたこだわりです。

また、アイコンの配置にも個性が現れると思うのです。左持ち、右持ちによってタップしやすい場所は変わってくるでしょうから。アイコンの数が少ない人もいるかもしれませんね。

ということで、ちょっと他の人のホーム画面を覗き見してみませんか、というか、むしろ見せてください、というお話でして、最初に自分のホーム画面を晒しておきたいと思います(↑)。

ぼくのホーム画面の基本コンセプト(という程に大げさなものではないですが)は、

・よく使うアプリを置く

ということです。

あと、左手で持つことがほとんどなので、よく起動するアプリは左側、特に起動頻度が高いものは下の方に集中しています。

以前はDock部分には、

・Gmail

・Safari

・さいすけ

・Evernote

を置いていたのですが、ライフスタイルの変化から、NetsuLion for iPhone(Twitterクライアント)、tumbladdict(Tumblrクライアント)になりました。

全体的に、

iBlogger(ブログ)

Hottentot(はてなブックマーク)

LDR touch(RSSリーダ)

Skype

BB2C(2ちゃんねる)

さいすけ(Googleカレンダー)

Evernote(Macとデータ同期)

NatsuLion for iPhone(Twitter)

tumbladdict(Tumblr)

というように普段、Macでやっていることをそのまま「iPhone」に持ち込んでいることがほとんどです。

むしろ最近は、

・BB2C(2ちゃんねる)

・NatsuLion for iPhone(Twitter)

・tumbladdict(Tumblr)

このあたりは「iPhone」の方が見やすいので、もっぱら「iPhone」でばかり見ている気がします。

ときどきネットブックが欲しくなる時もあるのですが、これだけのことがこのサイズでできるとなると、ネットブックの必要性を感じなくなってしまうのですね。

もう、これ以上のことをしようと思ったら、次は「MacBook Air」だろうと。

というとで、あなたの「iPhone」のホーム画面も見せてください!

ネタフル的に手放せない「10 iPhone Apps」の頃と比較してみると我ながら面白いですね)