ディスプレイ下のカメラやFace IDを採用する完全なフルスクリーンiPhoneの登場は2024年か

アナリストのMing-Chi Kuo氏が、ディスプレイ下のカメラやFace IDを採用する完全なフルスクリーンiPhoneの登場は2024年だと予測するツイートをしています。

こちらのツイートです。

Ming-Chi Kuo氏は「本当のフルスクリーンiPhoneは2024年に登場すると思う」とし、2024年にリリースされるであろうハイエンドのiPhoneでは、ディスプレイ下のFaceIDと共に、ディスプレイ下のフロントカメラを採用すると予測しています。

2024年ということは順当にいけば「iPhone 16」ということになります。「iPhone 15」でペリスコープレンズを搭載し「iPhone 16」では完全なフルスクリーンに‥‥というのが、現時点での予想となっています。

ディスプレイアナリストのRoss Young氏もディスプレイ下にFace IDが搭載されるのは「iPhone 16」と予測しています。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数