「iPhone X」続々とアップされる日本語レビュー記事まとめ

2017 10 20 1143

日本のマスメディアに「iPhone X」が届けられ、レビュー記事の公開も解禁となったようで、続々と記事がアップされています。早ければ今週末にも届きはじめる「iPhone X」ですが、納期が1ヶ月くらいになっている人もいるようです。まずはレビュー記事を読んでワクワクしつつ、新しい操作方法などを予習して待ちましょうか!

ということで、続々とアップされる「iPhone X」のレビュー記事をまとめます。

「iPhone X」レビュー記事まとめ

iPhoneX最速レビュー、使って分かった超進化 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

同時に、ユーザーにとっても、この移行はチャレンジになる。10年間ユーザーがホームボタンを押すことを奨励してきたアップルが、「もうホームボタンはない、押すな」と言うからだ。結論から言えば、アップルのチャレンジは非常にシンプルな形で成功した、と評価できる。

iPhone Xに1週間触れて気づいた、4つの新機能(松村太郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

Face IDの登録作業は、iPhoneの前で首を大きく回す運動を4回するだけ。あとは、iPhoneを見ればロックが解除されます。

iPhone X先行インプレッション:Appleの言う「夢中になれるiPhoneを作ること」は成功している | ギズモード・ジャパン

補足しておきたいのがホームボタンのあるiPhoneで慣れた操作を、iPhone Xで急に変えられるかということ。あくまで私の場合は、として言うと、すぐに適応できました。1日もかからずにアプリからホーム画面に戻る際に使う、画面下から上へスワイプする動作を無意識にできていました。

それは、手のひらに収まる“未来” 先進性と合理的な操作性が融合した「iPhone X」 (1/3) – ITmedia Mobile

普段からPlusがつく5.5型のiPhoneは大きすぎると感じていた筆者も、iPhone Xは、手にしっかりなじむように感じた。片手での操作も普通にでき、画面の端までしっかり指が届く。

ASCII.jp:iPhone Xを使うとiPhone 8 Plusにはもう戻れない──石川温氏寄稿 (1/2)|iPhone X&iPhone 8、ASCII徹底大特集!

カメラに関しては、iPhone Xでは広角、望遠とも光学式手ブレ補正に対応したことで、さらにさまざまなシーンでの撮影に強くなったと思う。実際にろうそく2本の部屋で赤ちゃんを撮影してみたが、思った以上に手ぶれせず、肌の感じもキッチリと捕らえることができた。

iPhoneX、「操作性への懸念」は払拭できるか | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準