スポンサードリンク

iPhone「ショートカット」WiFiをオン/オフする方法

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

iPhone「ショートカット」WiFiをオン/オフする方法

iPhoneの「ショートカット」アプリで作成した機能を、iOS 14のウィジェット機能でホーム画面に設置しています。

4つ表示のサイズがあったので、Pay系アプリまとめに続いて、1タップでWiFiをオン/オフするショートカットを作ってみました。レシピを紹介します!

スポンサードリンク

「ショートカット」WiFiをオン/オフする方法

外出先で遅いWiFiを掴んでしまった時にサクッとオフにしたい……そんな時に使える「ショートカット」のレシピです。

iPhone「ショートカット」WiFiをオン/オフする方法

「ショートカット」アプリから新規ショートカットでこれを入力すれば同じことができるのですが、最初はなかなか難しいのですよね。

詳しく説明しますね!

1. 青い「+」をタップする

2. 「スクリプティング」の「ネットワーク」から「ネットワークの詳細を取得」を選ぶ

3. 青い「+」をタップする

4. 「スクリプティング」の「制御フロー」から「if文」を選ぶ

5. 追加される「もしネットワークの詳細が条件ならば」の「条件」をタップして「任意の値」に変更する

6. 青い「+」をタップする

7. 「スクリプティング」の「ネットワーク」から「Wi-Fiを設定」を選ぶ、を2回繰り返す

8. 追加された「Wi-Fiをオンにする」を画像と同じ場所にドラッグ&ドロップする

9. 「もしネットワークの詳細が任意の値ならば」に追加したほうの「オン」をタップして「Wi-Fiをオフ」にする

これで完成です!

ちなみにこの方法だと完全にWiFiはオフになります。コントロールセンターからWiFiオフにする「明日まで近くのWiFiをオフにする」とは違います。

作成した「ショートカット」は、よく使うのであればウィジェットとしてホーム画面に設置しておくと便利です。

下記の記事を参考にしてください!

ホーム画面にブックマークして追加しておくこともできますが「ショートカット」アプリ自体が毎回起動してしまうのですよね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

次へ

63時間のビッグセール「Amazonタイムセール祭り」スタート!最大5,000ポイントアップのキャンペーンも同時開催(9/21まで)