【iPhone SE】「iFixit」がバラシ(分解)レポートを公開

【iPhone SE】「iFixit」がバラシ(分解)レポートを公開

「iFixit」が、新製品リリース恒例のバラシ(分解)レポートを公開しています。もちろん分解されているのは「iPhone SE」です。

iPhone SE 2020 Teardown – として、手順を追って公開されていますので、興味のある人はチェックしてください。分解に必要なツール類もまとめられています。

・第3世代のニューラルエンジンのA13 Bionicを搭載(iPhone 11)

・4.7” Retina HD display with 1334 × 750 resolution (326 ppi)(iPhone 8)

・12MPのリアカメラ、7MPのフロントカメラ(iPhone 8)

・Gigabit-class LTE(iPhone 11)

・第2世代のTouch ID(iPhone 8)

頭脳と通信部分はiPhone 11と同等で、液晶画面やカメラはiPhone 8と同じパーツが使われているようです。

iPhone 8と「iPhone SE」ではバッテリー容量は同じものの、コネクターが違うので入れ替えることはできないということです。

iPhone 8のパーツを流用しているからこその低価格だと思うのですが、頭脳は最新にしてさらにスマートフォンとして数年は生き長らえさせるの凄いと思いました。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数