スポンサードリンク

「iPhone SE」バッテリーテストの結果はiPhone 8より大幅に持ちが良いことが判明

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「iPhone SE」バッテリーテストの結果はiPhone 8より大幅に持ちが良いことが判明

新しい「iPhone SE」とiPhone 8はバッテリー容量が同じため(1,821mAh)、Appleでは「ほぼ同じ駆動時間」としていますが、恐らく違いがあるだろうと思っていました。実際のあとテストによると、その差は1時間30分もあったということです。

スポンサードリンク

実際に「iPhone 11 Pro Max」を使用していて、恐ろしいほど粘っこいバッテリーの持ちをするのですが、それはきっとA13 Bionicチップに由来するのだろうと思っていました。

だとすると、iPhone 8と同じバッテリー容量だとしても新しい「iPhone SE」のほうがバッテリーの持ちはかなり良いのでは‥‥と思っていたところ、それがテストによって実証されているのを見つけました。

この動画では動画や音楽を再生するなどしてテストしていますが、このテスト環境だと以下のような数字となっています。

iPhone 7:8時間30分
iPhone 8:8時間25分
iPhone 11:12時間20分
iPhone SE:10時間

さすがにバッテリー容量の多いiPhone 11(3,110mAh)にはかなわないものの、それでもかなり健闘していることが伺えます。

iPhone 8以前のモデルから「iPhone SE」に機種変更したした人は、そのバッテリーの持ちの良さを実感できているのではないでしょうか?

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Googleロゴ、自宅で遊べる「人気の Google Doodle ゲーム」に

次へ

Facebook、最大50人が時間無制限で参加できるビデオチャット「Messenger Rooms」リリース