スポンサードリンク

「iPhone SE」が届きサクッとiPhone 7 Plusから機種変更しようとしたらできない!クイックスタートに失敗した話

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「iPhone SE」が届きサクッとiPhone 7 Plusから機種変更しようとしたらできない!クイックスタートに失敗した話

iOS 12.4以降を搭載しているiPhoneには「クイックスタート」と呼ばれる、簡単に機種変更、データ引き継ぎのできる機能が搭載されています。

新しいiPhoneの隣に新しいiPhoneを置くだけで認識し、自動でデータ転送ができるという超簡単な機種変更機能です。

ぼく自身、何度となく「クイックスタート」を利用してiPhoneの機種変更をしてきたのですが、失敗したのは初めてでした。その体験をまとめておきます。

スポンサードリンク

「iPhone SE」が届いた

発売日である2020年4月24日に、新しい「iPhone SE」が届きました。

「iPhone SE」クイックスタートできない 1

iPhone 8の筐体を利用し、廉価版と呼ばれるモデルながらチップはiPhone 11と同等で、性能的には羊の皮をかぶった狼的な感じになっています。

「iPhone SE」クイックスタートできない 2

購入したのは128GBモデルで、実はこれは次男が自分で貯金して購入した初めてのiPhoneとなります。

ファーストiPhoneだから愛着もあるだろうし、その分、中身が最新のiPhone 11と同じチップということで、長く使えて良いのではないかと思います。

「iPhone SE」クイックスタートできない 3

「iPhone SE」が初めてのiPhoneだというお子さんも全国にたくさんいるのでしょうね。

手元にあるiPhone 7 PlusやiPhone 11 Pro Maxと比較すると液晶画面は小さく感じますが、単体で持つと片手で持ちやすい、良いサイズ感だと思います。

ということで、見た目のファーストインプレッションもそこそこに、これまでお下がりで使っていたiPhone 7 Plusから新しい「iPhone SE」にデータ移行することにしました。

「クイックスタート」できない

iOSを最新にアップデートしていれば「クイックスタート」という機種引き継ぎ、機種変更のためのデータ転送機能が利用できます。

新しいiPhoneを起動し、すぐそばに古いiPhoneを置くと、Bluetoothでお互いを認識し、設定やアプリなどをWiFi経由で転送できるという機能です。

最初は「こんなことができるのか!」と感動したものです。これでiPhoneの機種変更も捗るな、と。

「iPhone SE」クイックスタートできない 4

そこで今回も、この「クイックスタート」を利用してサクッとデータ転送するはずが‥‥うまくいきませんでした。号泣。

「iPhone SE」の「クイックスタート」が起動した状態で、iPhone 7 Plusも認識し、さあ接続してデータ転送を始めよう‥‥という段階で、先に進めないのです。

症状としては、iPhone 7 Plus側がApple IDを送信するのだけど「接続中」と表示されたまま先に進めないのです。

WiFiを変更したり、何度も起動し直したりしたのですが、どうしてもiPhone 7 Plus側で設定を進めることができませんでした。

検索してもそれらしい症状を訴えている人は他におらず、Appleのサポートページでも同症状は見つかりません。1時間ほどトライを繰り返すも、全く先に進めないため「クイックスタート」は断念しました。

手動で設定することに → ありがとうiCloud

全く埒が明かないので「iPhone SE」の画面で表示されている「手動で設定」から設定することにしました。

「手動で設定」のその先には、iTunesでデータ移行(復元)するとか、最初から設定を始めるとかあるのですが、ここで救い主となるのがiCloudからの復元です。

そうそう、クイックスタートが導入される前はiCloudにiPhoneの中身をバックアップしておいて、そこから復元したものですよ(そのさらに前はiTunesで復元)。

ということで、iCloudバックアップから復元することで、無事に「iPhone SE」への機種変更を果たしました。

iCloudバックアップというのは、ネット上のクラウド環境にiPhoneを丸ごとバックアップしておくというものです。WiFi&電源に繋がっている状態で動作し、iPhoneを使っていない時に中身が自動バックアップされます。

iPhoneを落とした時にも、前夜のiCloudバックアップに救われました。現在は200GBで月400円、2TBで月1,300円です。有料ですが、絶対に課金しておくことをオススメします。

今回のようなiPhoneの機種変更にも使えますし、万が一、iPhoneをなくした時にも中身のデータは取り戻すことができます。物理的なiPhoneは買い直しができますが、中身のデータはプライスレスですから。

スムーズな「クイックスタート」の様子を読みたい人は↓の記事をどうぞ。

iCloudバックアップについて知りたい人は↓の記事をどうぞ。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「Visa LINE Payカード」届いた→LINE PayアプリとKyashアプリに登録してみた

次へ

【Kindleセール】最大50%オフ!ラノベ・コミック・実用書など9,000冊以上が対象の「KADOKAWA GWキャンペーン」開催中(5/10まで)