スポンサードリンク

廉価版iPhoneの名称は「iPhone SE」か?まさかのApple公式サイトから情報が漏れる → 4/3に発売との噂も

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

廉価版iPhoneの名称は「iPhone SE」か?まさかのApple公式サイトから情報が漏れる → 4/3に発売との噂も

「iPhone SE2」または「iPhone 9」と呼ばれていた廉価版iPhoneの正式名称は、どうやら「iPhone SE」になる可能性が濃厚のようです。まさかのApple公式サイトから情報が漏れている!?

廉価版iPhoneは「iPhone SE」

アメリカのApple公式サイトの製品情報で「Belkin InvisiGlass Ultra Screen Protection for iPhone SE / 8 / 7 - Apple」というのがあり、完全に公式サイトの情報として「iPhone SE」が掲載されている状況です。

順番的にも「iPhone SE / 8 / 7」とあり、新しい順番に並んでいるのが予想されます。

廉価版iPhoneの名称は「iPhone SE」か?まさかのApple公式サイトから情報が漏れる → 4/3に発売との噂も

プルダウンメニューには「iPhone SE」はありませんがもしかするとここに「iPhone SE Plus」も表示されるようになるのかもしれません。

「iPhone SE」は4月3日発売開始?

どうしてこういう情報が漏れ出てきたかというと、すぐにでも「iPhone SE」が発売される可能性があるからのようです。

2020年4月2日付けのExclusive: iPhone 9 launch imminent, 2020 'iPhone SE' in red, white, and black with up to 256GBという記事によると次のように伝えられています。

it’s possible Apple could reveal and begin taking orders for the new iPhone as soon as tomorrow.

つまり明日(現地時間4月3日)にも「iPhone SE」を発表、発売する可能性がある、と。これまでの噂だと4月中旬以降でしたが、そこまで待っていられない事情が発生したのでしょうか。新型コロナウイルスの影響による売上減への対応でしょうか。

他にも次のようなことが伝えられています。

・名称は「iPhone SE」

・カラーバリエーションは3色
 White
 Black
 PRODUCT (Red)

・ケースは5種類
 Black silicone
 White silicone
 Red leather
 Black leather
 Midnight blue leather

・容量は3種類
 64GB
 128GB
 256GB

デザインはiPhone 8と同じ。気になる価格ですが、399ドルからになるのではないかと言われています。

スポンサードリンク

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

ネット環境のない小中学生家庭にモバイルルーターを貸与 → しかし通信費は含まず

次へ

Googleマップの画面に「テイクアウト」「デリバリー」アイコンが表示 → 飲食店はGoogleマイビジネスのチェックを