「iPhone SE2(iPhone 9)」生産が新型コロナウイルスの影響により遅れ

「iPhone SE2(iPhone 9)」の生産が新型コロナウイルス「COVID-19」の影響により遅れており、計画通りの生産が難しくなっているようです。

Nikkei Asian Reviewが、Apple's iPhone supply woes to continue into April: sourcesとして伝えています。

Apple will likely miss its schedule for mass producing a more affordable iPhone, while inventories of existing models could remain low until April or longer

2020年3月に「iPhone SE2(iPhone 9)」のリリースが予定されていると長らく噂になっており、2月から大量生産が開始される見込みだったものの、情報筋によると「COVID-19」の影響により目標達成は難しくなっているようです。

iPhoneサプライチェーンは現在、平均して約30〜50%で稼働しているということです。

予定通り3月に発売され品薄の状態が続くのか、それとも発売自体を遅らせる可能性もあるのでしょうか。

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数