iPhone SE2(iPhone 9)は2月後半に量産開始、3月にも発売される見込み → iPhoneは増産へ

iPhone SE2(iPhone 9)は2月後半に量産開始、3月にも発売される見込み → iPhoneは増産へ

日経新聞が、iPhone生産1~6月1割増 廉価版が押し上げと伝えていました。

米アップルが2020年1~6月に、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の出荷台数を計約8000万台と、前年同期に比べ1割強増やすことが部品メーカーなどへの取材でわかった。

関係者の話として、iPhone SE2(iPhone 9)が2020年2月後半から量産開始し、3月にも発売される見込みであると伝えています。

いよいよ現実味を帯びてきたというか、2020年3月発売はほぼ間違いなさそうでしょうか。

この廉価版モデルが発売されることで、AppleではiPhoneを前年同期より14%ほど生産が増やす見通しだそう。約7,000万台が8,000万台となり、そのうち1,500万台が廉価版iPhoneになるようです。

今年はiPhone SE2(iPhone 9)が発売開始されるインパクトは全世界的に大きそうです。iPhoneのシェアも急拡大するのではないでしょうか。

新型コロナウイルスの影響がiPhone生産に影響があることも懸念されているそうですが、日本の年度が変わる2020年3月にiPhoneをリリースしたいところでしょうねぇ。

新入学のタイミングに合わせることができれば、廉価版iPhoneでスマホデビューする子供は相当数に上ると思います。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数