スポンサードリンク

2020年発売予定の「iPhone SE2」はiPhone 8に似ておりA13チップと3GB RAMを搭載か

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

2020年発売予定の「iPhone SE2」はiPhone 8に似ておりA13チップと3GB RAMを搭載か

ずーっと出る出ると言われている「iPhone SE2」ですが、これは出ますね。アナリストのMing-Chi Kuo氏が、2020年発売予定の「iPhone SE2」のスペックをレポートしたようです。

スポンサードリンク

Kuo: Apple to Launch 'iPhone SE 2' in Early 2020 With Similar Design as iPhone 8, A13 Chip, and 3GB RAMという記事になっていました。

Kuo said the device will feature a similar form factor design and specifications as the iPhone 8, with a faster A13 chip and 3GB of RAM

iPhone 8に似たデザインで、A13チップと3GB RAMを搭載すると伝えています。

リリース時期は2020年の第1四半期ということなので、1〜3月にリリースされる見込みでしょうか。

「iPhone SE2」はiPhone 6とiPhone 6 Plusを使っている1億人に対してベストなチョイスだとしています。

Face IDや複眼カメラは求められておらず、Touch IDにシングルカメラになる見込みということです。

「iPhone SE」を使っている人は「iPhone SE2」という同じ名前の後継機に小さいサイズを期待するかもしれませんが、その名前に込められた意味はあくまでも低価格のエントリーモデルということなのでしょう。

ターゲットはiPhone 6とiPhone 6 Plusを使っているようなユーザーということなので、iPhone 8サイズでも問題ないでしょう。

iPhone 8を低価格にしたモデルが登場したら、日本でもバカ売れする予感がします。今でもiPhone 8が売れているわけですからね。

日経新聞の「iPhone SE」安価な4.7インチ液晶パネルを使用した後継モデルが2020年春に発売へという記事も間違いではなかったということになりそうですね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「鉛筆で目を刺す」道端アンジェリカの夫が恐喝で逮捕

次へ

メルカリの梱包資材がセブンイレブンで購入可能に