スポンサードリンク

外出がままならない休校中の中学生男子が歓喜して使い続けている白いワイヤレスイヤホン #提供

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

外出がままならない休校中の中学生男子が歓喜して使い続けている白いワイヤレスイヤホン #提供

学校が休校になり、外出もままならずに自宅で悶々と過ごしている中学生男子はご自宅にはおりませんでしょうか? うちにはおります。中1男子が。

そんな中1男子が歓喜しているのが、モニター用に1台頂いたcheeroのワイヤレスイヤホン「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」です。

これ使って、友だちとマインクラフトしまくっています。

※cheeroからサンプルを頂いて試しています。

スポンサードリンク

中学生男子に響く軽量のワイヤレスイヤホン

普段ならサッカー部で週末も含めてボールを蹴りまくる毎日ですが、当然、部活もお休み。いちおう勉強らしきことをしているものの、多くの時間を持て余しています。

特に友だちと遊べない、話す機会がないというのはかわいそうだなと思うものの、なかなかどうしてどうしようもないこんな事態だから‥‥と思っていたら「Discordをインストールして欲しい」とのリクエストが。

※Discordはゲーマー用のボイス&テキストチャットアプリ

何に使うのかと聞いたところ、友だちと音声通話をしながらマインクラフトをプレイしたいのだ、と。友だちの中のひとりが、きっとお兄ちゃんから授けられた知恵なのでしょう。

そうかそうかとインストールすると、たちまち使いこなして友だちと会話しながらマインクラフトをはじめました。

当初は、自分でお年玉で購入したワイヤレスイヤホンを使っていました。本当はAirPodsに憧れていたのですが、中学生が簡単に買える代物ではありません。あと、絶対に落とす。間違いなく落とす。

だから5,000円くらいのにしなさいとアドバイスし、息子もそれを聞き入れ黒いワイヤレスイヤホンを購入して使っていたのですが、マイクが搭載されていないモデルだったのですね。

まさかDiscordで音声通話をするような事態になるなんて思ってなかったですから、2020年の正月には。

ワイヤレスイヤホンしながらの通話も、手元のiPhoneに話しかけないといけないので段々と声も大きくなったり‥‥と思っていたところに届いたサンプルが「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」だったというワケ。

iPhone ワイヤレスイヤホン cheero 1

もともと「AirPodsが欲しい」といってメルカリをチェックするなどしていたのは知っていたので、同じような形状で白いモデルということもあり「試してみる?」と聞いたところ、一も二もなく使いたいとの返事。

それからほぼずっと、中1男子の耳で「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」は活躍しています。

iPhone ワイヤレスイヤホン cheero 2

聞けば「軽いし、通話している時の音質が良い」とのこと。白い色やデザインも気に入ってるそうです。ケースから取り出した瞬間に電源が入りiPhoneと接続するのも良いのだそう。

「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」は、確実に中学生男子のハートを射抜いてしまいました。

「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」の特徴

ここで「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」の特徴を確認しておきます。

自動電源ON機能&充電機能付イヤホンケース

ケースから取り出した時点で自動電源ONになるので、すぐにBluetooth対応機器と接続します。ケースに収納するだけで自動で充電も開始。ケースはUSB-Cケーブルで充電します。

iPhone ワイヤレスイヤホン cheero 3

最大5時間連続再生、片側のみ使用も可能

イヤホン本体は最大5時間連続再生可能。ケースからの充電を含めると最大で約17.5時間の連続再生が可能。さらに片側だけでも使用可能で、ハンズフリー通話ができます。通話用ヘッドセットにもなります。

マルチファンクションエリアで簡単操作

再生・停止はダブルタップ、次の曲へは右側をトリプルタップ、前の曲へは左側をトリプルタップ、というように、イヤホン本体のマルチファンクションエリアをタッチして操作(爪でポンポンとタップする)。

B0849QDMN2

IPX5レベルの防水性能等級

汗や雨を気にせず問題なくつかえるIPX5の防水等級をクリア。

「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」のスペック

続いて「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」のスペックです。

Earphones 本体

【寸法(本体)】 約 42 × 17 × 19 mm
【重量(本体)】 約 4 g (合計 約 8g)
【Bluetooth Ver.】 Ver.5.0
【防水規格】 IPX5
【プロファイル】 A2DP, AVRCP, HFP, HSP
【対応コーデック】 SBC, AAC
【連続通話/音楽再生時間】 約 5 時間
【通信距離】 約 10 m(障害物無)
【バッテリー容量】 3.7V / 40mAh
【周波数範囲】 20Hz - 20KHz
【対応OS】 Android / iOS

Earphones 充電ケース

【寸法(本体)】 約 71 × 30 × 26 mm
【重量(本体)】 約 30 g
【バッテリー容量】 3.7V / 300mAh
【充電時間】 約 1 時間
【充電回数(ケースから本体)】 約 2.5 回
【入力】 5V / 1A USB-C

【付属品】

充電用USB-A to C ケーブル, 取扱説明書, 保証書(1年間)

使用感と感想

家にいるとほぼ中1男子に使われてしまうので、外出時に「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」を使用してみました。

まずとても軽いです。イヤホン本体が4g x 2、ケースが30gですから、合計しても40gありません。40gというのは1円玉が40枚ですから、想像しただけで軽いことが分かるのではないでしょうか。軽さは正義ですね。

iPhone ワイヤレスイヤホン cheero 4

ちなみにAirPodsも全く同じ38g(4 + 4 + 30)です。AirPods Proは56.4g(5.4 + 5.4 + 45.6)です。

ケースを開き取り出すと、電源が入り自動でBluetoothが接続するというのは、非常に使い勝手も良いです。

最近、身の回りの充電製品がUSB-Cであることが増えているので、充電ケーブルがUSB-Cなのもありがたいところです。

iPhone ワイヤレスイヤホン cheero 5

実際に電車に乗るなどして音楽を聴いたところでは、完全な静粛性はあまり期待しないほうが良いと思います。ボリュームを上げれば音に集中できると思いますが、そこは恐らく値段なりだと思います。

ただ、これはあくまでも個人的な嗜好なのですが、完全に外部の音がシャットアウトされるのは好みではないのですね。多少なりとも周囲の音が聞こえていないと怖いのです。

だから逆に多少なりとも周囲の音が聞こえている方が安心できるというのがありますし、仮に子どもがファストフードなどで使ったとして、やはり周囲の音が全く聞こえなくなる状況というのは、ちょっと避けてほしいな、と親としては思います。

ちなみに「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」はいくらだと思いますか? 直販価格は4,700円ですが、発売後24時間は発売記念価格で3,980円だそうです!

すっかり中1男子が使うようになってしまったので、ぼくも自分用に一つ購入しようと検討中です。この春から中学生になるお子さんがいるなら、プレゼントに一つ購入しておくのはいかがでしょうか。

中学生になってスマホを持って、こういうガジェットにも興味が出てきて、こだわるようになるんですよねぇ。

もともとぼく自身がガジェットといえばブラックを購入することが多かったのですが「cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)」を試してみて、改めてホワイトって良いな、と思いました。なんとなく気分がアガります!

ということで、2020年3月10日12時より発売開始、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでは直販価格が4,700円、発売後24時間は3,980円です。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Apple、3月末のiPhone発表イベントをキャンセルか

次へ

Apple「iOS 14」でより洗練されたマウス機能を投入か