スポンサードリンク

もっと早く導入しておくべきだった!Bluetoothリモコン付きのスマホ三脚でiPhoneの写真・動画撮影が捗る

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

もっと早く導入しておくべきだった!Bluetoothリモコン付きのスマホ三脚でiPhoneの写真・動画撮影が捗る

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムに参加してから定期的に動画撮影をしています。

これまで少しの手ブレも含めて臨場感が出るようにということもあって手持ちiPhoneで撮影していたのですが、真上からのアングルで、少し長めの撮影もしたいと思うようになり、スマホ用の三脚を導入してみました。

Amazonタイムセールで約2,000円で購入したのですが、やはり三脚があると撮影が楽ですね(当たり前)。あると便利だろうと思いBluetoothリモコンが付属のものにしてみたのですが、これもまた正解でした。

ということで、安価に導入できるスマートフォン用三脚のレビューです。こだわる人はミラーレス一眼などで撮影するのでしょうが、まずは手軽に撮影したいという人にはオススメです。

スポンサードリンク

なぜiPhoneで撮影するか?

しっかりYouTube用の動画を撮影する人は、機材にこだわる人が多い印象があります。一眼レフやミラーレス一眼を導入し、ハイスペックなマシンで動画編集‥‥もちろん、それはそれでこだわりがあって良いことだと思います。

ぼくの場合はそこまでこだわりすぎると億劫に感じてしまって、まず撮影すること自体をハードルを感じてしまうのです。

撮影した動画を編集するマシンに転送するのも手間ですし、ならいっそのことiPhoneで撮影して編集してしまえば手間無いじゃん、というのが今のスタイルです。

作品のクオリティも大事なことですが、より継続性を重視している動画撮影&編集スタイルに落ち着いています。

より手軽にということで三脚すら使用していなかったのですが、逆に三脚でスマホホルダーを使ったほうが両手が空いて撮影もしやすいですね。特にBluetoothリモコン(シャッター)最高だな、と思っています!

ちなみに動画編集には↓のアプリを使っています。

動画編集 Perfect Video

動画編集 Perfect Video

yinfeng tang無料posted withアプリーチ

こんな三脚を購入しました

まずはお試しということで、しかも持ち歩くこともほとんどないだろうから、

・スマホホルダーが付属している
・Bluetoothリモコンが付属している

ということを条件にAmazonで検索してみました。

シャッターボタンを押すためにiPhone本体に触れると、けっこう揺れるのですよ。カットすれば済みますが、リモコンあればさらに便利だな、と。

結果、見つけて購入したのはこの三脚です。

セールで購入したので2,000円弱くらいでしたが、今は2,499円になってます。それでもなかなか安いとは思いますが。

三脚の特徴

特徴は以下のようになります。

・1.5kgまでのカメラやスマホが設置可能
・重量は650g
・収納サイズ45cm
・高さは55cmから125cmまで4段階
・収納袋付き
・リモコン操作は約10m

言うなれば普通のカメラ用三脚です。

B07PVNBL74

B07PVNBL74

普通の三脚に、

・スマホホルダー
・Bluetoothリモコン(シャッター)

がオプションで装着され、スマホでの利用がしやすくなっている三脚ということができるでしょう。

実際に三脚を使用してみた

iPhone スマートフォン 三脚 1

購入した三脚を、実際の動画撮影に投入してみました。

iPhone スマートフォン 三脚 2

今回はカップヌードルの新商品を作るところを撮影してみました。真上からのアングルで撮れると良いと思っていたのですが、最も三脚の短い状態で、2倍ズームで撮影すると、ほぼ三脚の足元が撮影できます。

iPhone スマートフォン 三脚 3

角度的に三脚の足が入ってしまうことを懸念したのですが、どうやら2倍ズームならその心配はないようです。

三脚の足をさらに伸ばすと、2倍ズームでもちょっと商品が小さくなってしまうかもしれません。真上から物撮りで写真や動画撮影をしたい人は参考になるでしょうか。

ちなみに、こんな感じの動画が撮れます。

両手でモノを持てるというのは、撮影の幅が広がりそうです。

そして、やはり良かったのがBluetoothリモコン(シャッター)の存在です。

iPhone スマートフォン 三脚 4

リモコンの電源をオンにすればすぐにiPhoneと繋がり、動画の撮影開始・終了や、写真のシャッターに使えます。

これがあることでiPhoneに触れる必要がないので、シャッター操作でiPhoneが揺れたり、その延長線上で画角がずれたりすることもありません。

セルフィー主体の人でも、三脚とリモコンがあればより手軽に撮影ができるようになるでしょう。ちょっと舐めてました、Bluetoothのリモコン。あると超便利です。

スマホ用三脚の感想

一言でいえば「もっと早く導入しておくべきだった!」という感想です。DIMEの付録だったミニ三脚は使っていたのですが、より撮りたい画角で収めるには、このくらいの高さの三脚が必要でした。

B07PVNBL74

もちろんiPhoneなどのスマートフォン以外にも普通に使える三脚ですので、ちょっくらYouTuberを目指してみるかな、という人もお試しで購入してみてはいかがでしょうか。

やっぱりやーめた。となっても、このくらいの価格であれば深手は負いませんから。

ぜひYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムYouTubeチャンネルのフォローもお願いします!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【Kindleセール】「科学っておもしろい!わが子に教えたい身近な不思議」セール(3/19まで)

次へ

Amazon、休校中の子供向けにキッズ向けコンテンツの一部を無料配信と発表