「iPhone 14」の少なくとも1機種が中国のロックダウンで開発が遅れる

日本経済新聞によると「iPhone 14」の少なくとも1機種が、新型コロナウイルスによる中国のロックダウンで開発が遅れているそうです。新型コロナ: Apple、iPhone開発に遅れ 中国の都市封鎖響くという記事になっていました。

「iPhone(アイフォーン)」の新機種のうち、少なくとも1機種の開発が予定より遅れていることが関係者への取材で分かった。中国がコロナの感染再拡大を受け、都市封鎖(ロックダウン)を続けてきた影響が出ている。

あれだけガッツリとロックダウンされていたら、研究開発や製造は遅延しますよね。「iPhone 14」の少なくとも1つのモデルが予定より数週間遅れていると伝えられています。

Appleはスケジュール通りに戻すためにサプライヤーと協力しており、開発スピードを上げるように指示しているということです。

開発が遅れているならば生産も遅れ、そうなると初期の生産台数に影響を及ぼすことが予想されます。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数