「iPhone 14 Pro」のみA16チップ採用の理由はコストと差別化?

2022年秋にリリースされる予定の「iPhone 14」では、ProモデルにのみA16チップ採用が採用され、無印のモデルは「iPhone 13」と同じA15チップが搭載されるという噂が出てきています。

その理由を、アナリストのMing-Chi Kuo氏が予想としてツイートしていました。

これがそのツイートです。

Apple関連の著名アナリストのMing-Chi Kuo氏の見立ては「iPhone 14/14 Max」でA15を採用することでコストが低下し、Proモデルとの差別化ができるから‥‥というものです。

無印モデルとProモデルとの差別化は可能ですが、そうなると「iPhone 13」と「iPhone 14」の違いがなくなるのでは‥‥という気もしますが、仮に「iPhone 13」が終売すれば必然的にコストを抑えた「iPhone 14」が売れるということになりますね。

ちなみにナンバリングされたiPhoneとしては、現時点ではiPhone 11、iPhone 12/12 miniも併売されています。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数