「iPhone 14」シリーズは“Pro”モデルのみA16チップを採用か

著名アナリストのMing-Chi Kuo氏のツイートによると、2022年秋にリリース予定の「iPhone 14」シリーズでは“Pro”モデルのみA16チップを採用する可能性があるようです。

Ming-Chi Kuo氏が次のようなツイートをしています。

発表されるのは次の4モデルとしています。

・iPhone 14(6.1 “)
・iPhone 14 Max(6.7″)
・iPhone 14 Pro(6.1 “)
・iPhone 14 Pro Max(6.7″)

そしてツイートによれば、このうちのProモデルのみA16チップにアップグレードされ、iPhone 14/14 MaxはA15が搭載されるとしています。

4つの新しいモデルすべてに6GBRAMが搭載されると予想していますが、Pro/Pro MaxはLPDDR 5、14/14 MaxはLPDDR 4Xという種類の違いがあるようです。

ProモデルとそうでないモデルがCPUやRAMの性能の違いで分けられると、ネーミング的には分かりやすいかもしれません。

「iPhone 14」ではパンチホールディスプレイが採用されることも予想されています。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数