「iPhone 14」のデザインが確定し初期の生産段階に移行か

AppleInsiderによると「iPhone 14」のデザインが確定し、初期の生産段階に移行したようです。iPhone 14 design moves into early production stagesという記事になっています。

Apple’s supply chain is preparing itself for production of the “iPhone 14,” with the smartphone’s design now undergoing a trial run of manufacturing through some of the company’s partners.

通常のアップデートのサイクルであれば2022年秋に発売される予定の「iPhone 14」ですが、大量生産の前の試験生産の段階に入っているようです。つまりデザインも確定し、これがうまくいけば本格的な生産に入るということです。

「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro」はカメラの出っ張りを減らし、さらにノッチを削除してホールパンチカメラに変更するなど、多くのデザイン変更が施されると言われています。

それ以外にも4,800万画素カメラを搭載、120Hzディスプレイや6GB RAMを搭載するといった噂もあります。

楽しみなアップデートです!

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数