「iPhone 14 Pro」は4,800万画素カメラを搭載か

2022年にリリースされる予定の「iPhone 14 Pro」は、4,800万画素の背面カメラを搭載する可能性があることが分かりました。

AppleInsiderが、'iPhone 14 Pro' to feature 48MP camera, new report corroboratesとして伝えています。

Apple’s upcoming “iPhone 14 Pro” models could feature a 48-megapixel rear-facing camera, bringing a significant improvement in the device’s photography capabilities.

TrendForce社によるレポートによって、48MPカメラの搭載が裏付けられたとしています。

「iPhone 13」シリーズは12MPカメラで、これが48MPに移行するとなるとかなり大きい変化です。8MPセンサーを捨てた「iPhone 6s」以来のメガピクセルの増加としています。

The inclusion of a 48MP camera sensor on the new device wouldn’t mean that all pictures snapped with it would have that many pixels, however. It’s likely that the device would feature 48MP images for brightly lit subjects and 12MP for low-light pictures.

しかし、全ての写真が48MPになるわけではなく、明るい被写体は48MPで撮影、低照度の写真は12MPで撮影されるだろと予測しています。

パンチホールディスプレイの採用など「iPhone 14 Pro」は久しぶりに大きなバージョンアップとなりそうな予感です。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数