Apple、iPhone 13 Pro/Pro Maxユーザー向けのマクロ写真コンテストを開催

Apple macro contest

Appleが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxユーザー向けのマクロ写真コンテスト「Shot on iPhoneチャレンジ」を開催すると発表しています。

iPhone 13 ProのラインナップはiPhone史上初めて最短焦点距離2センチメートルで撮影できるようになりました。

マクロ写真撮影機能の登場を祝して、AppleはiPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxで撮影したマクロ写真を募集するとしています。

チャレンジに参加するには、InstagramまたはTwitterでハッシュタグ #ShotoniPhone と #iPhonemacrochallenge を付け、iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxで撮影したマクロ写真を投稿するだけです。

世界中からの応募作品から優秀な10作品が選ばれ、各種のデジタル広告、Apple Store直営店、屋外広告、一般公開される写真展などで公開される可能性もあるそうです。

チャレンジの応募期間は、2022年2月16日(日本時間2月17日)までとなっています。入賞者は4月に発表予定です。

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数