スポンサードリンク

「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」国内メディア先行レビューまとめ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Iphone12promax review 202011

Appleが、2020年11月13日に「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」を発売しますが、国内メディアの先行レビューが公開されてたのでまとめてみました。

スポンサードリンク

iPhone 12 mini

「iPhone 12 miniが本命」である理由。触ればわかる【先行実機レビュー】 | Business Insider Japan

iPhone 12 miniは、初代SEに比べると大きいが、第二世代SEよりも小さく、軽々と片手で持てる。ケースをつけても軽くコンパクトな状態が維持されるのでインパクトは大きい。

ASCII.jp:好きな人は好きになるが、クセもあるiPhone 12 miniとPro Max 幅広く勧められるのは無印12か (1/2)

本当に映像のプロとしてiPhone 12シリーズを検討しているのであれば、iPhone 12 Pro Maxが選択肢になるだろうが、一般的な人であれば、iPhone 12もしくはiPhone 12 miniで十分だ。

最小の「iPhone 12 mini」か、最大の「iPhone 12 Pro Max」か 使い比べて確信した選ぶべき理由 (1/3) - ITmedia PC USER

発売直後の時点ではiPhone 12より12 Proを選ぶ人が多いようだが、大画面で見たいコンテンツが少ないならば、iPhone 12 miniの軽量さとコンパクトさは魅力だ。iPhone 12 miniは第2世代の「iPhone SE」よりも軽量かつコンパクトで、バッテリー持続時間も12 miniが上回る。

iPhone 12 Pro Maxは思ったより大きく、iPhone 12 miniは小さかったです(全モデル実機サイズ比較) - Engadget 日本版

指2本で楽々ホールドできます。カラバリやデザインはiPhone 12と合わせられており、背面はツルツルのガラス、カメラ周りはマット調で統一されています

圧倒的魅力の12 mini、圧倒的スペックの12 Pro Maxが加わり悩ましくなった2020年のiPhone選び (1/3) - ITmedia PC USER

常に最新機能や最高性能のカメラでiPhoneを選んでいた私は、「自分が買うiPhoneは絶対にProモデル」と思い込んでいた。しかし、iPhone 12 miniを握りしめた瞬間、それが崩壊し「全てを、このiPhoneで済ます自分になりたい」という願望に切り替わった。

衝撃の小ささ!「iPhone 12 mini」驚きの実力 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

サイズは小さいがiPhone 12シリーズとして機能に妥協はなく、カメラで撮影した写真とビデオを、美しく再生するディスプレーを備え、「カメラとしてのスマホ」も抜かりなく楽しむことができた。

極小なのに大画面。iPhone 12 mini は日本需要に対応する5Gスマホ(石野純也) - Engadget 日本版

収納のしやすさも、iPhone 12 miniならでは。例えば、シャツのポケットにもスッキリと収まり、上部がはみ出ることがありませんでした。iPhone 12 Pro Maxはもちろん、iPhone 12やiPhone 12 Proでも、ポコッと頭が顔を出してしまいます。

iPhone 12 mini/12 Pro Maxレビュー 個性爆発でもコスパの高い大本命モデル (1) 初代iPhone SEに近いサイズ感に最新性能を凝縮した「iPhone 12 mini」 | マイナビニュース

iPhone 12 miniは、現行のiPhone SEよりも幅、高さとも若干小さく仕上げられています。初代iPhone SEと比べればひとまわり大きいものの、手にした印象は現行iPhone SEよりも初代iPhone SEに近いと感じました。

小さいボディーがもたらす機動力 豊富な写真と動画で見る「iPhone 12 mini」体験 (1/2) - ITmedia NEWS

ボディーは小さくなっているものの、画面の大きさと解像度が上がっているため、iOS 14の体験が損なわれることなく使えます。特に英語キーボードのスワイプタイプが片手でできるので、英語での入力はかなり速くできるように感じました。

iPhone 12 Pro Max

iPhone 12 Pro Maxに触れて気づいた選ぶべき理由とは?価値あるハイエンドなのかを検討してみる(西田宗千佳) - Engadget 日本版

具体的にいえば、「ちょっと暗い場所で懐からスマホを出して、急いで片手で写真を撮る」ようなシーンや、「夜にスマホを動かしてビデオを撮る」ようなシーンでは、ProとPro Maxでは、後者の方がよりぶれがなくて「失敗しづらい」ものになる。

【西田宗千佳のRandomTracking】「史上最大のiPhone」と「最小5G iPhone」の選び方。12 Pro Max/12 mini - AV Watch

特に、手軽に持ち運べるスマホならではの価値が大きいと思うのが「3Dスキャニング」だ。LiDARで立体構造を把握し、その上にカメラで撮影した映像をテクスチャーとして重ねることで、「3Dのデータ」を得られる。

撮り比べてわかったiPhone 12 Pro Maxのカメラが活きる場面。他との違いは大きくも、小さくもある(本田雅一) - Engadget 日本版

評価が別れると感じるのは、65mm相当になった望遠カメラだ。数値上は暗くなったF2.2のレンズだが、その分、望遠側に寄っているため圧縮効果やボケの大きさでは、ほんの少しだけだが有利になる。

カメラ性能MAXな「iPhone 12 Pro Max」は価値がある? NYCでいろいろ撮ってみて感じたこと - ITmedia NEWS

カメラの進化は大歓迎ですが、iPhone 12 Pro Maxの背面のカメラ部分は、11 Pro Maxと比べて少し大きく、レンズの突起も大きくなっています。ケースをつけずにディスプレイを上にして机に置くと、カメラの突起でカタカタする振り幅が大きくなっているのは、少し気になる部分です。

ASCII.jp:【iPhone 12 Pro Max実機レビュー】史上最大のiPhoneの価値はどこにあるのか (1/3)

確かに、画質は向上している。だが、あらゆるシーンで劇的に画質が向上しているのか……といえばそうではない。撮影してみたが、明るくて条件の良いところでは極端な差がない印象だった。ただし、やはり暗いシーンでは効果がある。要は条件が悪く、手ぶれなど写真の品質を落としやすい場面では「失敗しづらい」という印象がある。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Googleロゴ「津田梅子」に

次へ

メスティン専用まな板が付録の「メスティンBOOK」が届いた!