「iPhone 12 Pro」のデザインはiPad Proのようなフラットでシャープなデザインに刷新か?

「iPhone 12 Pro」のデザインはiPad Proのようなフラットでシャープなデザインに刷新か?

2020年秋に登場すると見込まれている「iPhone 12」シリーズは、ハイエンド2モデル、普及価格帯2モデルの計4モデルが登場する可能性があるようです。

そのうちハイエンド2モデルのデザインは、iPad Proのようなフラットでシャープなデザインに刷新されるとブルームバーグが伝えています。

アップル、新型iPhoneでiPadに似たデザインへの刷新計画-関係者という記事になっています。

今秋は新型アイフォーン最大4機種を第5世代(5G)移動通信規格対応とする予定で、「アイフォーン11」シリーズ「Pro(プロ)」と「Pro Max(プロ・マックス)」の後継機種のほか、普及価格帯2機種を投入して新型モデルに置き換える計画。

「iPhone SE(2020)」もそろそろリリースされるとみられていますが、

・ハイエンド 2
・ミドル 2
・ローエンド 1

というモデル構成になるのでしょうか。合計5モデルですが、現在の「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」にあたるようなモデルがミドルクラスになるのでしょうかね。

「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」と推測されるハイエンドの2モデルですが、現行モデルのような曲線のデザインではなく、2018年に発売されたiPad Proのようなフラットステンレススチールを用いたシャープなデザインになる見込みということです。

フラットでシャープなiPad ProのデザインはiPhone 4のようなデザインだと思っているのですが、あのデザインがiPhoneで復活するとなると、ちょっと欲しくなりますねぇ。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数