Apple、iPad向けOSのメジャーアップデート「iPadOS 15」発表

Ipados15 preview

AppleがWWDC 2021において、iPad向けOSのメジャーアップデートとなる「iPadOS 15」を発表しました。より直感的なマルチタスク、ウィジェットを組み込んだ新しいホーム画面のデザインなどのアップデートが加えられています。

「iPadOS 15によって、iPadの体験がさらに素晴らしいものになります」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのクレイグ·フェデリギがコメントしています。

新しいマルチタスク

新しいマルチタスクメニューがアプリケーションの上部に表示され、ユーザーは1回タップするだけでSplit ViewやSlide Overを使うことができるようになります。

新しい「シェルフ」を使い、SafariやPagesのような複数のウインドウを持つアプリケーションでマルチタスクを行ったり、メールをすばやくプレビューすることもできます。

ウィジェットとAppライブラリでパーソナライズ

ホーム画面のページでアプリケーションと一緒にウィジェットを配置できるようになります。iPadのために設計された新しい大きなウィジェットのサイズは、ビデオ、音楽、ゲーム、写真などを表示するのに最適です。

「iPadOS 15」では、App Store、「探す」アプリケーション、Game Center、メール、連絡先のための新しいウィジェットも登場します。AppライブラリもiPadに登場します。

クイックメモ

システム全体にわたりどこでもすばやく簡単にメモが取れる「クイックメモ」により、システム全体でメモアプリケーションが使えるようになります。

ユニバーサルコントロール

1つのマウスとキーボードで、iPadとMacの間をシームレスに移動して操作することが可能になります。設定は不要で、ユーザーはデバイス間でコンテンツをドラッグ&ドロップすることもできます。

Apple Pencilを使ってiPadで図をスケッチした後、それをMac上のKeynoteスライドに配置するといった作業に最適です。

その他のアップデート

iOS 15」と同様に、より自然なFaceTime通話やSharePlayによる体験共有も可能になります。集中するためのツールや「テキストの認識表示」も同様です。

「iPadOS 15」のデベロッパ向けプレビューは、本日より developer.apple.com/jp を通じてApple Developer Programメンバーに提供されます。

iPadOSユーザーに対しては2021年7月中に、パブリックベータプログラムが beta.apple.com で提供予定です。

「iPadOS 15」は無料のソフトウェアアップデートとして、2021年秋にiPad mini 4以降、iPad Air 2以降、iPad(第5世代以降)、すべてのiPad Proモデル向けとして利用可能になります。

詳細な機能に関しては「iPadOS Preview」が公開予定です(記事執筆時には未公開)。

英語版→iPadOS 15 Preview – Apple

プレスリリース

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数