14インチiPadはProモデルではない?アナリストが「14インチ iPad Pro」の噂を撤回

Ipadpro logo glass

Apple、M2チップ搭載の14.1インチ「iPad Pro」を開発中というディスプレイサプライチェーンコンサルタントのRoss Young氏の情報を伝えましたが、本人がこれを撤回したようです。

AppleInsiderで、Rumored 14-inch iPad may not be an iPad Pro after all, analyst claimsとして伝えられていました。

Display analyst Ross Young has walked back rumors of a 14.1-inch iPad Pro, stating that the supersized tablet would be a lower-tier iPad model without ProMotion or a mini LED display.

曰く、14.1インチの「iPad Pro」の噂を撤回し、ProMotionやミニLEDディスプレイを搭載しない「iPad」の下位モデルになるだろうと主張しているということです。これはサプライチェーンの情報源とさらに話し合った結果だそう。

2022年には14インチパネルと10インチパネルの価格差がなくなるため、ミニLEDディスプレイでは実現不可能な、より低い価格帯になる可能性があるということです。

引き続きRoss Young氏は、14.1インチのiPadが2023年第1四半期に登場すると予想しています。

より大きなディスプレイを必要としているのはProユーザーのような気がしますが、どうなんでしょうね。

2022年秋には、USB-Cポートを搭載する新しいエントリーレベルの「iPad」も登場すると言われているので、そうなると14.1インチのiPadにもUSB-Cが採用されるのでしょう。ちなみにこのiPadにはA14 Bionicチップが搭載されると予想されています。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数