Apple、開発者ページでiPhone/iPadのiOSバージョン別シェアを公開 〜iOS 15はiPhoneで72%

Ios usage 2022 14000

Appleが開発者ページで、iPhoneとiPadのiOSバージョン別シェアを公開しました。2022年1月11日付となっています。

データとして最新4年間にリリースされたデバイスが搭載するOSと、全てのデバイスが搭載するOSの2種類のデータが公開されています。

iPhoneのiOSバージョン別シェア

Ios usage 2022 14001

iOS 15のシェアは、ここ4年間で発売されたiPhoneでは72%となっています。iOS 14が26%なので、この2種類で98%を占めています。

昨年のデータだとiOS 14は86%だったので、それが今年のiOS 15は72%であることを考えると、とにかく新しいiOSにアップデートするという人は減っているようです。

今はiOS 14のセキュリティアップデートも平行してリリースされるので、なおさら最新iOSへのアップデートは慎重になる人が多いのでしょうね。

全iPhoneでもiOS 14とiOS 13で93%を占めていることが分かります。

iPadのiOSバージョン別シェア

Ios usage 2022 14002

ここ4年間で発売されたiPadにおけるiOS 15のシェアは57%、iOS 14のシェアは39%です。やはり昨年よりも最新iPadOSへのアップデートは鈍化しています。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数