【iOS 15.1】ワクチン接種情報をAppleウォレットに追加することができるようになったので方法を調べてみた【ヘルスケアレコード】

Apple health record2

「iOS 15.1」がリリースされ、アップデート内容に「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種カードの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットに追加して提示することが可能」とあったので、どういうものなのか調べてみました。

「ワクチンパスポート」として使える?

Yahoo!くらしのワクチンパスポート(接種証明書)の発行申請にあるように、今後、摂取済証またはアプリを使った「ワクチンパスポート」が展開される予定です。

「iOS 15.1」から導入されたワクチン接種情報をAppleウォレットに追加することができれば、提示するのも簡単です。今すぐに利用できるのか、それとも準備中なのか、調べてみました。

まず、Apple Developerにあった検証可能な医療記録に関するアップデートが分かりやすいです。

iOS 15では、検証可能なCOVID-19の予防接種または検査結果の記録をユーザーがヘルスケアAppにダウンロードし、保存することができます。検証可能なヘルスケアAppの医療記録はSMART Health Cardsの仕様に基づいたもので、ユーザーはヘルスケアAppの当該記録を、これをリクエストする承認されたサードパーティAppと共有することができます。

SMART Health Cardsの仕様に基づいた予防接種の情報の記録を、ヘルスケアAppにダウンロードすることができるようになり、それをAppleウォレットに追加することができるようになったのが、今回のアップデートです。

Apple サポートのCOVID-19 の予防接種や検査結果の証明書を iPhone や iPod touch に保存するによると、保存されるのは証明書となるヘルスケアレコードです。

iPhone のヘルスケアレコードに対応し、証明書となるヘルスケアレコードを発行している医療機関で COVID-19 のワクチン接種を受けた場合は、ヘルスケア App でその医療機関に接続できます。接続すると、証明書として利用できるヘルスケアレコードが自動的にダウンロードされます。

このヘルスケアレコードの追加方法に関しては、Apple サポートにiPhone や iPod touch でヘルスケアレコードを表示するがあります。

ただ、残念ながら「ヘルスケアレコードは、カナダ、英国、米国でのみ利用できます」とあり、まだ日本では利用できません。

さらに調べると、デジタル庁に(受付終了)コロナワクチンの接種証明書(電子交付)の仕様に関するご意見を募集しますというのがありました。

そこで、現在想定している電子交付される接種証明書の二次元コードと、別途提供する予定のAPIの仕様をお示しし、意見募集(匿名回答)を実施します。

まさに「ヘルスケアレコード」に関連した意見募集が行われていたようです。その結果、渡航向け、国内向けの二次元コードの規格が確定し「二次元バーコード及びAPIの仕様」として公開されていました。

今後の対応待ち?

まとめると、ワクチン接種情報をAppleウォレットに追加することができるようになったけれど、今はまだ利用できない、ということだと思います。

利用可能にするための二次元コードの規格は確定しているので、いずれこれを使ってワクチン接種した記録を「ヘルスケアレコード」として(自治体または医療機関またはワクチン会社などから?)iPhoneにダウンロードすることができるようになるのでしょう。

ワクチン接種した「ヘルスケアレコード」はヘルスケアAppにダウンロード、それをAppleウォレットで「ワクチンパスポート」として表示できるようになる‥‥というのが自分としての理解です。

もち間違いなどあればご指摘頂ければ幸いです。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数