【iOS 15】機種変時にデータ転送するための一時的なiCloudのストレージが利用可能に

Ios 15 preview 06

iOS 15 Preview – Featuresを眺めていたところ「iOS 15」では、データを転送するための一時的なiCloudのストレージが利用可能になります。

カテゴリーとしては「Setup Experience」となっており「Temporary iCloud storage to transfer your data」機能は次のように説明されています。

Now when you buy a new device you can use iCloud Backup to move your data to your new device, even if you’re low on storage. iCloud will grant you as much storage as you need to complete a temporary backup, free of charge, for up to three weeks. This allows you to get all your apps, data, and settings onto your device automatically.

新しいデバイスを購入した際に、古いiPhoneでストレージ容量が不足していても、iCloudバックアップを使ってデータを新しいデバイスに移すことができるようになりました。

iCloudが、一時的なバックアップを完了するために必要なだけのストレージを、最大3週間まで無料で提供するそうです。これにより、すべてのアプリケーション、データ、設定を自動的にデバイスに取り込むことができます。

例えば古いiPhoneが写真でパンパンの場合に、作業ファイルを作成できずにデータ移行ができないような場合があるそうです。これまではデータを削除する必要がありましたが、今後はiCloudを一時的に利用してデータ移行できるようになります。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数