スポンサードリンク

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

iOS 14」の新機能で便利なものの一つが背面タップです。その名の通り、iPhoneを赤ちゃんに見立てて背中をトントンすると、その回数に応じて機能が発動します。

トントンする回数は2回または3回で、それぞれに機能が設定できます。スクショを撮るとか、ホーム画面に戻るとか。この記事では設定方法を説明します!

スポンサードリンク

「背面タップ」の設定方法

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

「背面タップ」は「設定」の「アクセシビリティ」の中にある「タッチ」から設定します。

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

一番下にスクロールすると「背面タップ」の設定があります。

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

ここで、

・ダブルタップ(2回トントン)
・トリプルタップ(3回トントン)

それぞれに機能を割り当てることができます。

設定できる機能の一覧です。

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

ダブルタップとトリプルタップに、それぞれにこの中の機能を割り当てるだけです!

思い通りの機能を割り当てる

注目は一番下にある「ショートカット」です。「ショートカット」は定形作業をiPhoneにさせるもので、それを「背面タップ」から呼び出すことが可能です。

今はこのように設定しています。

【iOS 14】背中をトントンして機能を呼び出す背面タップ機能の使い方

コントロールセンターは画面上で指が届きにくいので設定しています。

Payという「ショートカット」は、スマホ決済したいときに、PayPayやLINE Pay、Kyashなどを呼び出し、アプリなどを起動したりQRコードにアクセスしやすくするものです。

iPhone「ショートカット」アプリで○○Payアプリを手軽に呼び出す方法」という記事も書いていますので、ぜひ参考にしてください。

「背面タップ」をトントンすると、Pay系メニューがスーッとおりてくる使い方の様子を動画でどうぞ。

「背面タップ」と組み合わせると「ショートカット」も使いみちがグンと増えますね! WiFiのオンオフをしたりとか!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【PR】「デザイナーじゃないのに!」わずか1時間でデザインの4つの基礎が学べる超初心者向けデザイン本がマンガで分かりやすい!

次へ

iPhone「ショートカット」WiFiをオン/オフする方法