「iOS 10.1.1」バッテリー残量があるにも関わらずiPhoneが落ちてしまう不具合が報告される

2016 12 01 1018

「iPhone 6s」のみで報告されている問題かと思っていたのですが「iOS 10.1.1」搭載したiPhoneで、バッテリー残量があるにも関わらず落ちてしまう不具合が報告されているそうです。「iPhone」のバッテリー残量があるにも関わらず電源が落ちる不具合が拡大中 | 気になる、記になる…という記事になっています。

報告されている問題は、バッテリー残量が30%と表示されているにも関わらず突然電源が落ち、バッテリーが空の為に電源を入れることが出来ず、充電を開始すると数秒後にバッテリー残量が30%に戻るといったもの

全てのユーザーに発生しているようではない‥‥というのも、ぼくは10%を切るような使い方をしていても、何も問題が起こらないのです。

さらに問題を難しくしているのは「iOS 10.1」など、他のバージョンでも同様の現象が発生しているようで、ハードウェアに原因があるのか、それともソフトウェアに不具合があるのか‥‥。

いずれにせよ、この現象に悩まされている人に早く解決方法が提示されると良いのですが。

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数