Apple、M1チップ搭載で薄さ11.5mmの新しい「iMac」を発表

Imac 2021 01 04

Appleが日本時間2021年4月21日深夜に開催されたスペシャルイベント「Spring Loaded.」で、M1チップを搭載し、それによって可能になったコンパクトで薄さ11.5mmの新しい24インチの「iMac」を発表しました。

新しい「iMac」に搭載された24インチ4.5K Retinaディスプレイは、1,130万ピクセル、500ニトの輝度、10億以上の色の性能です。

1080p FaceTime HDカメラ、スタジオ品質のマイク、6スピーカーサウンドシステム、iMacとしては初のTouch IDを搭載します。

Imac 2021 03 04

8コアCPUのM1チップを搭載し、4Kビデオや大きな画像の編集といった負荷の高い作業も、これまで以上に速く実行することができるようになっています。

CPUパフォーマンスが最大85パーセント高速に、GPUパフォーマンスは、Affinity PhotoやPhotoshopといった特定のアプリケーションでは最大で2倍速くなっているそうです。

Final Cut Proでは、4Kビデオストリームを最大で5本、8Kビデオストリームなら1本を、1フレームも落とさずに編集できるとのこと。

何よりM1チップを搭載したというのは「iMac」にとって大きい進化でしょうね。

Imac 2021 02 04

さらにカラーバリエーションもグリーン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、ブルー、シルバーと多彩です。Magic Keyboardは、iMacの色に合わせて3つのモデルから選ぶことができます。

超高速データ転送用の2つのThunderboltポートを含む、最大4つのUSB-Cポートを備え、最大6Kのディスプレイにも対応しています。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、グレッグ・ジョズウィアックは「M1は、Macを飛躍的に前進させました。本日、画期的なM1チップを中心にして設計された初めてのMacとして、まったく新しいiMacをご紹介できることをうれしく思います」とコメントしています。

7コアGPU搭載のiMacは、154,800円(税込)から、学生・教職員価格では148,800円(税込)からとなり、色はグリーン、ピンク、ブルー、シルバーから選べます。

8コアGPU搭載のiMacは、177,800円(税込)から、学生・教職員価格では165,800円(税込)からとなり、色はグリーン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、ブルー、シルバーから選べます。

テレワーク時代のiMacという感じがしますね。在宅で作業をすることが多いなら、持ち運ばない前提のiMacでも良いでしょうから。画面も広く高速で、作業は捗ると思います。

新しい「iMac」は2021年4月30日より注文を開始し、5月後半より販売開始となります。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数