スポンサードリンク

【IIJmio】「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」設定方法

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

【IIJmio】「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」設定方法

「IIJmio」が開始した月額150円で維持、月額450円で1GBのデータ通信ができる「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」の設定方法を解説します(課金すれば10GBまで使える)。

ただいま【IIJmio】「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」設定方法初期費用3,000円が無料になるキャンペーンを実施中なので、eSIMに興味があった人はお試しするチャンスです!

「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」の申し込み方法を解説する記事はコチラをご覧ください。この記事では申し込み後にeSIMをiPhoneに設定する方法を解説します。

スポンサードリンク

eSIMとは?

最初に簡単にeSIMについても説明しておきます。

eSIMはソフトウェアで実現するSIMです。メインのSIM(ドコモなど)と別に契約し、データ通信は安くeSIMを利用するといった使い方が可能です。

eSIMはソフトウェアなので、契約からスマートフォンのインストールまで手元でできるという簡単さもあります。

最近ではiPhone XS/XR/11/SEもeSIMに対応し、デュアルSIM対応となっています。

「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」をiPhoneに設定する

それでは「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」に申し込みが完了し「IIJmioモバイルサービス ご利用開始のお知らせ」というメールが届いたところから解説します。

「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」の申し込みを解説する記事はコチラをご覧ください。

利用開始のお知らせメールを開きます。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 1

「アクティベーションコード」というリンクがありますので、これをクリックします。申し込んだeSIMを利用できるようにするリンクです。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 2

「選択してください」をクリックすると、申し込みしたeSIMのサービスコードが表示されますので、それを選んで決定をクリックします。

「アクティベーションコードは1回しか使えません。プロファイルをインストールした後は、必要がなくなった場合を除き削除しないでください」ということなので注意してください。

次のような画面が開きます。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 3

「アクティベーションコード」という文字列の羅列とともにQRコードが表示されます。eSIMをインストールするiPhoneのカメラアプリで、このQRコードを撮影します。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 4

iPhoneの画面に「モバイル通信プランが検出されました」「タップしてこのモバイル通信プランを表示」と出てきますので、そのままタップします。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 5

画面表示に従って、eSIM(モバイル通信プラン)の設定を行っていきます。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 6

このあたりはクリックするだけです。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 7

モバイル通信プランの名称は、後から変更することができます。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 8

デフォルト回線というのは、連絡先に登録されていない人に電話を発信またはメッセージを送信する場合に使用するものです。これも後から変更することができます。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 9

Apple IDに関連付けられたサービスに使用するモバイル通信プランを選択します。通常はメインで使用している電話回線で良いと思います。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 10

モバイルデータ通信に使用する回線を選択します。既に設定している楽天モバイルは表示されませんでした。これも後から変更できるので、とりあえずは何を設定しておいても大丈夫です。

以上でiPhoneでの設定は完了です。

「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」の申し込みから設定完了まで、実に簡単かつスピーディーだったのがお分かりいただけたでしょうか!?

興味のわいた人は、ぜひ「【IIJmio】「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」設定方法eSIMサービス データプラン ゼロ」をチェックしてみてください。

同じくeSIMとしては月額料金2,980円が1年間無料となる「Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイルSIM)」もあります。ぼくもデータ通信用として契約しています。興味のある人はこちらもどうぞ。

これで手元のiPhoneでは、

・IIJmioのSIM
・IIJmioのeSIM
・楽天モバイルのeSIM

と、3種類のSIM(eSIM)が使えるようになりました。

iPhoneでモバイルデータ通信の設定を確認する

ぼくの環境は次のようになっています。

・IIJmio(電話回線)
・楽天モバイル(データ通信)
・IIJmio eSIM(サブのサブのデータ通信)

「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」は普段は使わないので、設定を確認しておきます。

設定アプリの「モバイル通信」から、次のように設定しました。

【IIJmio】「eSIMサービス」設定方法 11

デュアルSIMですので、モバイル通信プランは2回線の設定が可能です。とりあえず「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」の020には眠っておいてもらうことにしました(オフ)。

「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」の料金

初期費用:3,000円
月額利用料:150円
SIM発行手数料:200円
SIM再発行手数料:0円
ユニバーサルサービス料:なし

バンドルクーポン(高速データ通信量):0GB
データ通信量の追加:可(1GB単位)
eSIM専用データ(クーポン)料金:
 毎月1枚目(1GB)300円
 2枚目以降(2GB~)450円

何もしなければ月額150円で維持することができます。データ通信量超過後は通信不可となります。

動作確認済端末(2020年5月6日現在)

iPhone SE(第2世代)、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max

11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、iPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)、iPad(第7世代)

Google Pixel 4、Pixel 4XL

Microsoft Surface Pro LTE Advanced、Surface Pro X

ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE、T103HAF-GR079LTE

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【IIJmio】「eSIMサービス(データプラン ゼロ)」申込方法

次へ

広瀬香美「Winter Tour 2020 "SING"」コンサートツアーファイナルをYouTubeで公開