ディズニーが「Hulu」を完全小会社化

ディズニーが「Hulu」を完全小会社化

Netflixへの対抗もあり、ディズニーが動画ストリーミングサービス「Hulu」を完全小会社化しました。米ディズニーがHuluの経営権取得 動画配信を強化という記事になっていました。

米メディア大手ウォルト・ディズニーは14日、動画配信サービス「Hulu(フールー)」の経営権を完全に握ったと発表した。

ディズニーは2019年11月にアメリカで開始する「ディズニー+」に加え、スポーツ番組の「ESPN+」も運営しており、ここに「Hulu」が加わることになります。

2017年には「Hulu」リニューアルでURLを happyon.jp に変更と発表ということもあったのですが、日本の「Hulu」には影響はないんでしょうかね。

関連記事

ディズニー、フールー完全子会社化へ-動画配信事業の将来性評価 – Bloomberg

今回の合意によると、コムキャストは2024年の年初からディズニーに保有株を売却でき、その時点のフールー株の評価額としてディズニーは最低275億ドルを保証する

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数