スポンサードリンク

スマホで寝落ちの影響!?20~34歳の男女の睡眠時間が10年で1割増えて約8時間に

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B085LFGCBW

睡眠時間が増えるというのは、健康的で良いと思います。20~34歳の男女の睡眠時間が、この10年で1割増えて約8時間になっているというニュースがありました。

スポンサードリンク

若い世代の睡眠増え8時間に スマホで「寝落ち」が影響かという記事です。

20代から30代前半の若い世代の睡眠時間がこの10年間に1割程度増え、約8時間になったことが29日、ビデオリサーチと電通の調査で分かった。

就寝時間が早まって睡眠時間が伸びているそうですが、横になってスマートフォンを見ながら眠ってしまう「寝落ち」が影響しているのではないかと指摘されています。

20~34歳の男性の睡眠時間は09年に平均7時間11分だったが、19年は7時間55分。同年代の女性も、7時間19分から7時間59分へ増えた。

そんなにみんな「寝落ち」しているものなのですか?

例えば8時に起きるとしても0時には眠りについているということですよね。

「寝落ち」するにしたって、風呂に入ったり身支度はしているのでしょうから、23時過ぎにはもう布団なりベッドで寝る体制に入っている‥‥ということが推測されます。

ぼくも究極に眠い時は「寝落ち」する時もあるのですが、そんなに頻度は高くないですね。いちおう電気を消して、radikoをつけて、一通りの準備をしてから眠るようにしています。

加齢のせいか分かりませんけど、それで普通に横になっても10秒くらいで入眠できる身体になりました。「落ちる」という現象には近いと思います。とても便利です。

「Fitbit Charge 4」をモニターさせて貰っていて睡眠ログをとっているのですが、いま確認したところ平均睡眠時間は約5時間でした。

余談ですけど、中華系のスマートブレスレットは色々と試しましたけど、やはりそこそこ値段のする「Fitbit Charge 4」は、着け心地からアプリの完成度まで、とても具合が良いです。

睡眠時間もそうだし、ちょっと身体を動かすかとか、健康に気をつかうにはもってこいのアイテムです。バッテリーも約1週間は持ちますよ。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Apple公式サイトで認定整備済製品を購入する時にも楽天ポイントは貯まる

次へ

Googleロゴ「マーシャ・P・ジョンソン」に