飲酒時にトマトを食べる → 血中アルコール濃度が3割減ると判明

トマトさん (こどものとも傑作集)

飲酒時にトマトを食べると平均3割アルコール濃度が減るらしい|平均王子という、酒好きにはかなり気になる記事がありました。

アサヒグループとカゴメが「第66 回日本栄養・食糧学会大会」において発表した内容によると
飲酒時にトマトを一緒に食べると血中のアルコール濃度が平均で3割程度減るとのことです。

マジスカ!

マジデスカ!

実験によると、

・トマトジュース3缶(480ml)
・甲類焼酎(ストレート100ml)

を同時に摂取したところ「血中に留まるアルコール量や血中のアルコール濃度が約3割減った」そうです。

アルコールが抜けきる時間についても
お酒だけの場合5.0時間かかったのに対して
トマトジュースを飲んだ場合では4.2時間で済んだそうです。

そうなんだー!

飲んだ後にトマトではなく、飲みながらトマトみたいですね。今度、居酒屋でトマトジュースがあればチェイサー代わりにしてみようかしら。

飲んだ後にはグレープフルーツジュースが良いみたいです。

深酒した後にグレープフルーツジュースを飲むと二日酔いしにくいかもしれない
二日酔いにならないように気をつけることは?

おかしなグレフルチューチュー イエロー

B005X5J73S
ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数