スポンサードリンク

バッファローが「nasne(ナスネ)」を継承し2021年春に発売することを発表!「torne(トルネ)」は引き続きソニーが運営

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

バッファローが「nasne(ナスネ)」を継承し2021年春に発売することを発表!「torne(トルネ)」は引き続きソニーが運営

2019年春に終了していたソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」を、バッファローが継承して2021年春に発売することが発表されました!

スポンサードリンク

ぼくの周りでもユーザーがちらほらといたのですが、これは嬉しいニュースではないでしょうか。終わったはずと思った製品の復活です。

新型コロナウイルスの影響で、自宅にいる時間が増えたといった事情も関係しているのでしょうかね?

「nasne」は自宅のネットワークに接続することで、PlayStation 4やスマートフォン・タブレットで、テレビ放送や録画番組を視聴することができるハードウェアです。外出先からでも視聴可能です。

「nasne」を利用するためのソフトウェアが「torne」で、こちらは引き続きSIEが運営していくということです。

SIEとしては難しくなったハードウェアの事業を、HDDやNASが得意なバッファローが継承した、ということなのですね。

ちなみに【nasne】製品名の由来は「NAS+torne」だったのか!!!という記事も書いたことがありました。

もともと「torne」は地上デジタルのみに対応したシングルチューナーを搭載する周辺機器で「nasne」の機能をスマホで楽しむためのアプリとして「torne mobile」がありました。現在は「torne mobile」が「torne」になっているということでしょうね。

「nasne」復活、バッファロー継承。PS5ロンチ時torneアプリは非対応によると「torneオンラインサービスおよびtorneアプリケーションはPS5ロンチ時は非対応」とのことです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【3Dプリンターはじめました】印刷前の予熱が大事だったことに気づいた話

次へ

【ATOM Camと連携するスマートセンサー】1個あたり1,000円!ドアの開閉を検知する「開閉センサー」ポストの投函を検知する「モーションセンサー」