スポンサードリンク

「キーボードはカウボーイにとっての鞍である」設計思想に共感する孤高のキーボード「Happy Hacking Keyboard」

[リンクにアフィリエイトを利用している場合があります]

スポンサードリンク

「キーボードはカウボーイにとっての鞍である」設計思想に共感する孤高のキーボード「Happy Hacking Keyboard」

プログラマー向けのキーボードとして知られるPFUの「Happy Hacking Keyboard」が、ラインナップ一新を発表しました。

基本コンセプトは変わらない3グレード(HYBRID Type-S/HYBRID/Classic)16モデルが、2019年12月10日より「PFUダイレクト限定」で販売開始しています。

スポンサードリンク

孤高のキーボード「Happy Hacking Keyboard」

発表会に参加してきましたが、考案者である和田先生も登壇され「HHKBのもとにあるのはコンパクトでポータブルなキーボード。そのコンセプトが今はあちこちで作られている。そういうキーボードと比較すると、HHKBの優れているところが分かる。どこが優れているかということを武器にして、逃げていって欲しい」と語りました。

「Happy Hacking Keyboard」1

もともと、なぜ「Happy Hacking Keyboard」が開発されるに至ったかということは、HHKBのControlキーはなぜAの左なんだぜという記事を読むとよく分かります。

実際、HHKBのプロトタイプを作るときにはSun type3キーボードの不要と思われる部分をノコギリでぶった切って、最小限に切り詰めたという豪快なエピソードもある。確かにSunのキーボードはやたら大きく、無駄なスペースだらけだった。そうやってHHKBのミニマムなレイアウトが出来上がったのである。

プログラマーにとって理想的なキーボードだった「Sun type3キーボード」をベースに、さらにミニマムなキーボードとしてHHKBは誕生したのだとか。

パソコン本体は変わるけれど、キーボードは変わらずに使い続ける‥‥カウボーイは馬が死ぬと鞍だけは担いで持ち帰る、というエピソードが、その設計思想を物語ります。

自分の手に馴染んだインターフェースとして、プログラマーにとってはキーボードはとても大事なものなのです。

このことはリチウムイオンバッテリーを使わずに、単三電池を使い続けていることにも現れています。リチウムイオン電池は劣化します。単三電池であれば交換することができます。

リチウムイオンバッテリーの寿命を遥かに超えて使って欲しい‥‥という、これもまたカウボーイにとっての鞍としての設計思想なのです。

「Happy Hacking Keyboard」2

会場にも鞍が展示されていたくらいです!

3つの進化

「Happy Hacking Keyboard」は大きく3つの進化を遂げています。

1. インターフェースの拡張と進化(Bluetooth/USBハイブリッド化とUSB Type-Cコネクターのサポート)

従来のBluetooth接続専用モデルに対して、USB接続が加わることにより、無線と有線を自由に使い分けられるため、お客様の利用スタイルや使用環境に応じてPCやスマホなどと最適な接続ができます(Windows、macOS、iOS、iPadOS、Androidに対応)。

2. マルチペアリング機能の向上(Bluetooth接続先切り替えの操作性が向上)

Bluetooth接続のマルチペアリング(最大4台まで登録可)の切り替えを簡単なキー操作で可能とし、操作性が向上しました。ペアリングしたい機器を「1」~「4」に登録した後、例えば「Fn」+「Control」+「3」のキーの同時押しにより、「3」に登録した機器にワンタッチで接続切り替えできます。[HYBRID Type-S/HYBRIDのみ]

3. キーカスタマイズ機能の進化(従来の制御キーのカスタマイズに加えて文字キー全般のカスタマイズを実現)

専用ソフトウェア(Windowsで動作)による操作は直感的でわかりやすく、設定内容はHHKB本体に保存するため、接続するPCやスマホを変えても、同じキーマップで使用できます。[HYBRID Type-S/HYBRIDのみ]

どの機能が紹介されるときにも、会場からは「おお!」という声が上がっていました。

特にキーカスタマイズ機能の進化には、強く関心を寄せる人が多くありました。eスポーツで「特定のキーを殺したい」というニーズもあるのだそうです。

なお、Mac版のカスタマイズツールは開発中で、2020年春にはリリース予定とのことでした。

販売は「PFUダイレクト」で

販売は「PFUダイレクト」限定となります。これは販売とサポートを強化するため、ユーザーとダイレクトにコミュニケーションしたいということでした。

ただし、実際に触ってみたいという人のために、タッチ&トライスポットが常設されることも併せて発表されました。

タッチ&トライスポットは3箇所

「Happy Hacking Keyboard」3

「Happy Hacking Keyboard」のタッチ&トライスポットとなるのは、次の3ヶ所です。

・「SUPER CLASSIC」(東京 表参道店、大阪店、名古屋店)

・提案型雑貨店「アシストオン」(東京 神保町)

・ダイニングバー「原価BAR」(五反田店)

特に「SUPER CLASSIC」は、ぼくがプロデュースに携わった「かわるビジネスリュック」も展示されていますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

「Happy Hacking Keyboard」は「かわるビジネスリュック」のコアポケットにもぴったりと入ります!

「Happy Hacking Keyboard」4

「原価BAR」では、サンクトガーレンとコラボした「HHK BEER」も飲めるそうなので、五反田勤務のプログラマーはぜひ足を運んでみてください。

酔っ払って「Happy Hacking Keyboard」を何台も買ってしまわないように注意です!

>>Happy Hacking Keyboard

>>Happy Hacking Keyboard|PFUダイレクト

HYBRID Type-S 32,000円(税別)
HYBRID 27,500円(税別)
Classic 23,000円(税別)

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【吉野家】牛丼を食べるとポケモンフィギュアが貰えるコラボ「ポケ盛」キャンペーンを開始へ(12/19〜)

次へ

ハンディ掃除機V11/V10/V8/V7対応「ダイソン専用 壁掛けスタンド(200-STAND3GM)」