スポンサードリンク

「The Great Suspender」が強制停止!消えたタブを復活させるには?

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「The Great Suspender 7.1.9」が強制停止!消えたタブを復活せるには? 2

目が覚めたらタブを一時停止するGoogle Chrome機能拡張「The Great Suspender 7.1.9」が強制停止され、さらに一時停止していたタブが全て消えていました‥‥ショック。

少し前にマルウェア認定? 疑惑? されており、改善されないことから強制停止の措置となったのだと思います。停止するのは良いのですが、サスペンド(一時停止)していたタブまで全て消えてしまうとは!

スポンサードリンク

「The Great Suspender」が強制停止

普段からタブを50枚以上は開いており、使用しないタブをサスペンド(一時停止)してくれるのは便利だったので、けっこうなタブの枚数がサスペンド状態にあり、それが全て消えてしまったのはかなりショック。

人生初の「おはぎゃあ」です。

しかし、ここで諦めたらゲームセット。なんとかタブを復活させたい、復活させる方法はないものか!? ということでTwitterで検索したらこんなツイートを発見しました。

消えたタブを復活させる

Google Chromeで「chrome://history/」と入力すると過去の履歴が表示されます。

そこで「klbibkeccnjlkjkiokjodocebajanakg」という文字列を検索すると、過去に「The Great Suspender」でサスペンドしたタブが表示されます。

「The Great Suspender 7.1.9」が強制停止!消えたタブを復活せるには? 1

ここでタイトルのところを右クリックするとURLがコピーできます。

そのURLの文末の方に「https://」で元のURLが含まれているので、それを抽出すれば消えたタブを復活させることができます!

ぼくは100件くらい大量にあったので、正規表現を使って「https://」より前の文字列を一気に削除しました。正規表現の使えるエディターを使うと簡単です。

ぼくは「CotEditor」を使い、ココを参考にしました。

完璧に戻っているかどうか分かりませんが、ある程度は「The Great Suspender」が強制停止される前の状態に戻ったのでは、と思っています。

どうしても「The Great Suspender」を使いたい場合は過去のバージョンをダウンロードして使うこともできますが、ここは諦めて別の方法を模索したほうがよいと思いました。

ぼくは「OneTab」というGoogle Chrome機能拡張も併用していたので、そちらに逃していたタブは大丈夫でした。

朝から「おはぎゃあ」してしまった人の参考になれば幸いです!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

VRゲーム「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP」Oculus Quest版もリリースへ!

次へ

【Kindleセール】一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学・うつヌケ・江戸の妖怪革命など4000冊以上が最大50%オフとなる「KADOKAWA 春の文芸フェア」開催中(2/25まで)