Google、2016年5月よりモバイル対応がより検索順位に影響するようになると発表

Google mobile update 1148

Googleが、モバイル対応がより重要になるというアナウンスをしています。具体的には、モバイル対応していないと検索順位が下がる、というものです。Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組みとして発表しています。

Google では昨年より、サイトがモバイル フレンドリーかどうかをモバイル検索でのランキング要素の一つとして使用し始めました。この 5 月からは、当該ランキング要素の効果を高めるアルゴリズムのアップデートを段階的におこなっていきます。

このアップデートにより「モバイルでも見やすいページが検索結果でさらに多く表示されるよう」になるということで、つまりはモバイル対応していないと検索順位が下がりますよ、ということです。

「モバイル フレンドリーではなくてもページのコンテンツの質が高ければ、関連性の高い優れたコンテンツとして今後もランキングされる」ということですが、基本はモバイル対応しておいた方が間違いないでしょうね。

CMS(Contents Management System)を導入している場合はモバイル対応もしやすいかもしれませんが、そうでない場合はそれなりに準備に時間がかかると思いますので、何かするならお早めに‥‥となります。

モバイル対応の次はAMP対応もした方が良いでしょう。ネタフルでもAMP対応の準備を進めています。サポートはmbdbです(「ブロサポ!」で相談に乗ってくれます)。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数