スポンサードリンク

「Googleフォト」無料の容量無制限アップロードを2021年5月31日で終了と発表

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Google photo 52887562

ただより高いものはない。って感じる人も少なくないはず。いつかは有料になるかもと思っていても、いざそのときがくると人は慌ててしまうものです。

写真ストレージサービスの「Googleフォト」が、オリジナル画質だけでなく、高画質に関しても、無料の容量無制限アップロードを2021年5月31日をもって終了すると発表しました。

スポンサードリンク

「Googleフォト」無料の容量無制限アップロードは終了へ

「Google フォトのストレージに関する重要なお知らせ」というメールが届いていたので何かなと思ったら、ストレージポリシー変更のお知らせでした。

曰く、次の2点の変更です。

・2021年6月1日以降に 高画質でバックアップしたすべての写真と動画は、Googleアカウントに付属する無料の保存容量(15GB)またはご購入いただいた追加の保存容量を使用するようになります。これは、GoogleドライブやGmailなどの他のサービスですでに適用されている扱いと同じです。

・2021年6月1日より前に高画質でバックアップしたすべての写真と動画は今回の変更の対象外であり、Googleアカウントの保存容量を使用することはありません。高画質でアップロードした既存のすべてのコンテンツがこれに該当します。

2021年5月31日まではこれまで通り使えるけど、6月1日以降は保存容量を使用しますよ、ということになります。

写真は今後も撮り続けるでしょうし、1枚あたりの容量も増えていくでしょうから、今後も有料で使い続けるのかどうか、という判断を迫られることになります。もちろん有料で使い続けるのもあります。

Google Pixelを使っていると引き続き利用できるそうですが、そもそも「Googleフォト」がいつまであるかも分かりません。写真は大事なコンテンツなので、いざというときにどうするかは考えておいたほうが良いでしょう。

そういう意味では、ぼくはあまりクラウドサービスは信じてなくて、とりあえず「Googleフォト」は使っていますが、いざという時のバックアップくらいの感覚です。本当に大事な写真はiPhoneとiCloudバックアップの中にあります。

とはいえiPhoneとiCloudバックアップだって完璧ではないでしょうから、ローカルのハードディスクにもう一つバックアップを作っておくというというのも大事になるのかな、と。

とにかく写真や動画のクラウドストレージは終了の際の移転が大変なので(容量が膨大だから)、本命のデータはやはりローカルが良いのだろうな、とはずっと思っています。

今は動画メインで利用している「おもいでばこ」ですが、改めて写真も含む運用を見直してみようかなと思う朝でした。

Googleでは無料の保存容量(15 GB)の上限に達する日を予測する機能を提供しています。また、2021年6月1日以降にリリース予定のストレージ管理ツールで、不要なコンテンツ(暗い写真や、不鮮明な写真など)を簡単に見つけ出して削除できるようにもなるそうです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【Twitter】「フリート」の投稿を削除する方法

次へ

【丸亀製麺】創業20周年で500円からの「丸亀ランチセット」期間限定販売(11/24〜12/28)