スポンサードリンク

Googleマップ、都営バスの現在地情報をリアルタイムに表示可能に

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Googleマップ、都営バスの現在地情報をリアルタイムに表示可能に

都営バスの位置情報がリアルタイム表示!

公共交通オープンデータ協議会が、公共交通オープンデータセンターより、東京都交通局の運行する都営バスのデータをGoogle Asia Pacific Pte. Ltd.に提供開始したと発表しています。

スポンサードリンク

2020年8月18日より、提供されたデータはGoogleマップ上に掲載され、経路探索に際して案内されるバスのリアルタイムな位置情報が表示されるようになっています。

2019年5月31日より公共交通オープンデータセンターの運用を開始し、東京都交通局を含む複数の交通事業者のデータを、ICT事業者や一般の開発者の活用を可能にしています。

東京都交通局も交通局では、新たにGTFSリアルタイム形式のデータをオープンデータとして提供いたします。として発表しています。

この取組は、東京版「Society5.0」である「スマート東京」の実現に向け、官民が連携してデータ利活用を推進していく施策の一つです。

都営バスのバスロケーション(現在地)データについて、従来形式の動的データに加え、国土交通省が標準形式として新たに定めた「GTFSリアルタイム形式」のデータについても提供を開始しました。

これにより、さらに多くのアプリ等の開発者が、都営バスのバスロケーションデータを利用した様々なアプリケーションやサービスを提供することが可能になります。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【動画】ライセンス藤原、94年の歴史に幕を下ろす「としまえん」をマイクロドローンで撮影

次へ

「Zoom」Amazon Echo ShowやGoogle Nest Hub Maxからオンライン会議に参加可能に