「Googleマップ」車椅子対応のバリアフリー状況を分かりやすく表示可能に

「Googleマップ」車椅子対応のバリアフリー状況を分かりやすく表示可能に

Google マップで車椅子対応の場所を簡単に探せるようになりましたということで、外出先が車椅子などバリアフリーに対応しているかどうか分かりやすく表示できるようになったそうです。

この度、Accessible Places(「車椅子対応の場所」)機能を使って、バリアフリー対応状況を検索結果と Google マップでよりわかりやすく表示できるようになりました。

Googleマップに飲食店情報などを投稿していると、入口はどうか、駐車場はどうか、など車椅子に関する情報を求められる時があったのですが、こうして分かりやすい形で提供されるようになるのですね。

「車椅子対応の場所」 を有効にすると、車椅子対応の入り口が車椅子のアイコンで表示され、バリアフリーの座席、トイレ、駐車場があるかどうかを確認できます。

車椅子対応の入り口がないと確認された場所については、その情報もマップに表示されます。

車椅子利用者、ベビーカー利用者、高齢者、配達員など、あらゆる様々な人に役立つ情報となります。

車椅子対応の情報をよりわかりやすく「Googleマップ」に表示するには、アプリを最新バージョンに更新し「設定」で 「ユーザー補助設定」 を選択し「車椅子対応の場所」を有効にします。

この機能は、AndroidとiOSで利用できるということですが、ぼくのiPhoneのGoogleマップは、まだ最新版が届いていないようです。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数