「Googleストリートビュー」が15周年を迎える

Google street view 15th 25000

初めて「Googleストリートビュー」を体験したときは衝撃的でしたよね。街をクルマが走り回って写真を撮って、それを世界中から見られるんですよ。今では普通のことになっていますが、最初は相当な驚きでした。

Google Japan Blogで「ストリートビューが 15 歳になりました」という記事で、軌跡が振り返られています。

ストリートビューは、世界の 360 度の地図を作りたいという、Google 創業者のひとりであるラリー ペイジの発想から始まりました。彼のビジョンは、人々がコンピューターからストリートレベルで場所やエリアがどのようなものかを完全に体験できるようにすることでした。

2007年にサンフランシスコ、ニューヨーク、ラスベガス、マイアミ、デンバーの街並みから開始したストリートビューは、現在では世界で100を超える国や地域をカバーしているそうです。ちなみに日本のストリートビューは2008年から。

2012年にはストリートビューカーが走行できない場所の画像を撮影するために、背負って歩くことができるトレッカーが登場したのですが、これもまた驚きましたよね。山を登っていたり。

Google street view 15th 25001

Googleストリートビューの15周年を記念し、これまでデスクトップでのみ利用可能だったタイムマシン機能が、AndroidとiOSにも追加されています。

2022年3月24日より、スマートフォンで場所のストリートビュー画像を表示すると、画面を下から上にスワイプするだけで、2007年以降に公開された過去のストリートビュー画像を表示できます。

過去1年間にストリートビューで最も訪問された都市のトップ5は次のとおりです。

1. インドネシア、ジャカルタ
2. 日本、東京
3. メキシコ、メキシコシティ
4. ブラジル、サンパウロ
5. アルゼンチン、ブエノスアイレス
6. アメリカ、ニューヨーク

その他に過去1年間にストリートビューで最も人気だった10の場所、過去1年間にストリートビューで最も人気だった日本の10の場所なども紹介されていますので「ストリートビューが 15 歳になりました」をチェックしてください。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数