スポンサードリンク

電子メモパッド「ブギーボード」に片手で持ちやすいA6手帳サイズ「Boogie Board(BB-14)」が登場!内容を保存する専用アプリもリリース

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Boogie Board 202101 1

手軽に書ける電子メモパッドとして人気のキングジムの「ブギーボード」に、片手で持ちやすいA6手帳サイズの「Boogie Board(BB-14)」が登場です。2021年1月20日発売です。

スポンサードリンク

A6サイズの「ブギーボード」

「ブギーボード」は、付属のスタイラスや爪などで、液晶画面に直接書き込みができ、ボタン1つで消去ができる電子メモパッドです。

キングジムが2010年に販売を開始して以来、紙に文字を書くような滑らかな書き心地が好評とのことです。

Boogie Board 202101 2

新発売される「ブギーボード(BB-14)」はA6手帳サイズで、画面サイズは約6インチ、重量も約75gと超軽量です。リチウムコイン電池1個で約3万回もの書き換えが可能です。

本体裏面にマグネットが内蔵されているため、デスクや冷蔵庫に貼り付けて使用することもできます。裏面には、14cmの定規のデザインがレーザー刻印されているのは知りませんでした。

Boogie Board 202101 3

カラーバリエーションは、キイロ、ミドリ、ネイビー、クロ、シロの5色です。価格は3,200円(税別)です。

専用アプリ「Boogie Board SCAN」リリース

「ブギーボードに書いた内容を保存したい」という声に応える形で、無料のブギーボード専用アプリ「Boogie Board SCAN」もリリースされます。

「Boogie Board SCAN」は「ブギーボード」に書いた内容をスキャンし、画像データとして保存することが可能で、編集画面で色をつけたりテキストを加えたりすることができます。

データ化した画像はフォルダで管理をしたり、共有することも可能です。これまでに販売している「ブギーボード」各機種でも利用可能です。


最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

帝国データバンク、2020年の飲食店倒産が780件で過去最多と発表

次へ

サッポロ「濃いめのレモンサワーの素」に1.8リットルペットボトルが登場