スポンサードリンク

Raspberry Piベースの取っ手付きハンドヘルドなタブレット端末「CutiePi」

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Raspberry Piベースの取っ手付きハンドヘルドなタブレット端末「CutiePi」

ズルイ。こんなデザインはズルイと言わざるを得ない!

Kickstarterに、Raspberry Piベースの取っ手付きハンドヘルドなタブレット端末「CutiePi」が登場しています。ただいま出資するなら20,400円となっています。

スポンサードリンク

「CutiePi」はRaspberry Piのタブレットパッケージで、100%オープンソースでhackableな端末です。厚みは12mmで、世界で一番薄いPiタブレットです。

この形状、ぼくの中では完全に1980年代にヒットしたハンドヘルドコンピュータの記憶を呼び起こさせます。懐かしい‥‥懐かしい‥‥。

NECの「PC-8201」とかエプソンの「HC-20」とか。ハンドルがあることで、単なるタブレットじゃなくて、ぼくの中ではハンドヘルドコンピュータの箱に入るんですよねぇ。

Raspberry Piベースの取っ手付きハンドヘルドなタブレット端末「CutiePi」

「CutiePi」は8インチタッチスクリーンを搭載、ハンドル内蔵、HDMI、UCB-C(充電)、USB-A、micsoSDカードスロット、GPIOなどを搭載します。

Raspberry Piベースの取っ手付きハンドヘルドなタブレット端末「CutiePi」

バッテリーは5,000mAh。OSはRaspberry Pi OS+CutiePi shellです。

125%を達成しているので、外部モニターに接続することで「CutiePi」がバーチャルキーボードになる「Sidekick」モードも開放されます。

なんだかかわいらしいですよねぇ。

かわいいんだけど、本当にウェブブラウズするだけになってしまいそう。Amazonプライムビデオとか、Netflixが視聴できる、みたいな感じだと面白いんですけどねぇ。

CutiePi

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

自宅で日本全国のクラフトビールが楽しめる会員制ビールサーバーサービス「DREAM BEER」2021年春にサービス開始

次へ

サントリー「クラフトボス デカフェ〈ラテ〉」7月7日より発売開始