スポンサードリンク

2020年のスマートウォッチ・スマートブレスレットは4,000〜5,000円で普通に体温や血圧まで計測できるようになっていた

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B087JMF8Y3

1年くらい前にスマートブレスレットにハマった時期があり、Amazonでセールがあるたびに中国製と思しき製品を色々と買って試していたことがありました。

当時は心拍数が計測できるのは当たり前で、血圧測定をうたうものが出てきている時期でした。あれから1年。久しぶりにAmazonでチェックしたら、血圧測定は当たり前で、今や体温計測の機能がトレンドのようです!

スマートウォッチ・スマートブレスレットの進化が早い!

スポンサードリンク

スマートウォッチ・スマートブレスレットで体温・血圧

もちろん測定の精度の問題はあると思うのですが、毎日の数値を眺めていることで「おや、今日は高いな」とか、異常値に気づくことは可能なのでは、と思っています。

実はここ2週間ほど「Fitbit Charge4」をモニターしているのですが、激安スマートウォッチ・スマートブレスレットと違い、装着感がとても良いです。あとはアプリの出来も非常に良いと感じます。

きちんと価格なりの違いがあって、激安モデルを使っていた身からすると安心感が大きいです。

ただ、スマートウォッチ・スマートブレスレットが自分に向いているか、使いこなせるか自信がないという人は、まずは激安モデルから試してみるというのは良いと思うんですね。

・やっぱり充電が面倒だった
・風呂に入るときに外したらそのままになってしまった

とか、向き不向きって絶対にあると思うので。

ぼくもそういうのを色々と試した結果として「Fitbit Charge4」はすごく良いな、と感じていますので。

ただし「Fitbit Charge4」には血圧測定・体温計測の機能はありません。心拍数は計測できます。

新型コロナウイルスが気になる昨今、定期的に体温を計測してみたいという人があれば、新しい領域にツッコミつつある中国製のスマートウォッチ・スマートブレスレットを使うのも1つの手として面白いかなと思います。

Amazonにいろいろありますよ

ぶっちゃけ、中身はほとんど同じもの‥‥で、ガワが違ったり、アプリが違うのが価格に反映されているのでは、と思います。ただ、実際の使い勝手は購入してみるまで分からないんですよね。

Amazonでココから探せますので、興味のある人はチェックしてみてください。

「自分だったら候補にするな」というのも、いくつかピックアップしてみました。価格は3,500〜4,500円くらいのものです。

基本的には1年くらい使えたらいいな‥‥くらいのつもりです。そうすると、月にだいたい300〜400円くらいの計算になるので。1年後にはさらに機能アップしたモデルが出てくるのも間違いないですからね!

長く使おうと思うと細かいところの出来も気になりますが、1年くらいで使い切ると思えば、小さいなことは「まあ、いいかな」と思えてしまいます。

ぼくも血圧測定・体温計の機能は気になるので、近いうちに購入してレビューしようと思います!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

水嶋ヒロ、娘が父親が仮面ライダーだったことに気づく「パパって仮面ライダーなの?」

次へ

【iClever】60時間連続使用・マルチペアリング・初期設定不要・Bluetooth5.1対応の折りたたみキーボード「IC-BK06Mate」Amazonで500円オフの2,899円