【Jリーグ】試合会場で本人撮影した動画・写真のネット投稿を可能とするガイドラインを公開

J league photo movie

Jリーグが試合会場で撮影した動画・写真をSNSなどのネット投稿を可能とするガイドラインを公開しました。Jリーグ公式試合における写真・動画のSNSおよびインターネット上での使用ガイドラインについてとして発表されています。

この度、以下に定めるルールの範囲内でSNSおよびインターネット上に写真や動画を投稿していただくことでJリーグをより多くの人に知ってもらったり、好きになってもらい、大会を皆様と一緒に盛り上げていくきっかけになると考え、本ガイドラインを作成しました。

これまでは、Jリーグ試合運営管理規程第4条に記載があり、Jリーグ公式試合が行われるスタジアムとその周辺で撮影した写真や動画をインターネット上に投稿することは禁止されていたんですよね。

今回のガイドラインにより、

・公式試合全ての試合の試合会場で投稿者本人が撮影した写真

・公式試合全ての試合会場で投稿者本人が撮影した動画

のネット投稿が可能となります。

ただし、動画に関しては以下の2つが除かれるとしています。

(1)試合開始(前半キックオフ)から試合終了(後半終了)までの間(ハーフタイムは除く)にピッチ上を撮影した映像

(2)時間を問わず、試合日当日にスタジアム内に設置された大型映像装置において放映された試合の映像(ハイライト映像も含む)を撮影した映像

「Jリーグが許諾していないこと」もしっかりとまとめられていますので、十分に気をつけて撮影しましょう。

・他者の迷惑になるような撮影行為又は投稿

・Jリーグ及びJクラブの役職員並びにJクラブの選手・監督、審判、その他Jリーグ又はJクラブ関係者を特定し、社会的評価を損なわせる目的での投稿

・他者の肖像権を侵害する、又は侵害のおそれがある投稿

・なりすまし投稿

・動画のライブ配信

・営利目的での利用。ただし、YouTube収益プログラムやアフィリエイト広告などコンテンツに付随される広告からの収益が見込まれる投稿については、「営利目的での利用」に含まれないものとします

・その他、許諾していること以外での利用、Jリーグ又はJクラブに対しての愛の無い投稿

禁止事項をしっかりと設けたことで、Jリーグから公開の差し止めをすることができるということでもありますね。

YouTube収益プログラムやアフィリエイト広告などは「営利目的での利用」に「含まれない」というのも、昨今の事情を鑑みた英断だと思います。

詳しくはコチラからご確認ください。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数